昨年の流行ワード「シャローイング」の注意点

ゴルフ ダウンスイング ダウンスイング

ゴルフ界は”毎年”と言っていいほど、流行ワードが登場します。2018年の「パッシブトルク」、2019年の「サイドベント」といった具合です。そして、2020年に流行したのが「シャローイング」です。

ゴルフスイング

今年のトレンドは『パッシブトルク』 とってつけたようにクラブを寝かせるのは危険!

ゴルフ フィットネス

今年のトレンドは『サイドベント』リバースピボットに注意!

シャローイングとは

シャローとは浅いという意味。シャローイングはダウンスイングでクラブを寝かせる動作のことです。これまでクラブが寝る動きは悪とされてきましたが、クラブを寝かせることを良しとしたこの理論は、斬新でインパクトがあり多くのゴルファーが知るワードとなりました。

また、ただ斬新なだけではなく理にかなっていることも見逃せません。多くのゴルファーのダウンスイングはクラブが立ちすぎている(スティープ)ことで、結果的にインパクト直前でクラブが寝てしまっています。対して、ダウンスイング初期でクラブを寝かせると、インパクト直前でクラブを立たせやすくなります。

シャローイングの注意点

ただ、シャローイングには注意が必要です。クラブの特性上、シャローイングは自然発生的に行われます。それを意図的にシャローにしようとすると、フェースの開きが大きくなりインパクトで閉じきれなくなったり、フェースの開閉が大きくなりすぎて、インパクトの再現性が高まらない可能性が生じます。

下記の記事でシャローイングの注意点についてまとめていますのでご覧ください。

ダウンスイングでクラブを寝かせる「シャローイング」の注意点【ゴルフハウツー】(SPAIA)

上記記事の中で出てくる参考書籍「ゴルフの力学~スイングは『クラブが主』『カラダは従』」についての記事は下記よりご覧ください。

松本協のゴルフの力学

ジェイコブス3D 松本協 著『ゴルフの力学 スイングは「クラブが主」「カラダは従」』