ピン G410ドライバー【PLUS/SFT】 試打レビュー

ピンG410ドライバーplus クラブ

2019年3月21日、PING(ピン)のG400ドライバーの後継モデル『G410ドライバー【PLUS/SFT】』が発売されます。

今回はそのG410ドライバーをレビューしたいと思います。

PINGのG400ドライバーは高評価を得て人気を獲得しました。

2017年は、男子ツアー賞金王、宮里優作選手も、女子ツアー賞金女王、鈴木愛選手もG400ドライバーを使用していたことも話題となり、人気に拍車をかけました。※宮里優作選手はクラブ契約フリー(当時)、鈴木愛選手はPING契約(当時)でした。

G410ドライバーは「G400ドライバーよりもさらに飛びをプラス」というキャッチコピーを採用しています。

ヘッドは『PLUS』『SFT』の2種類のラインナップ。G400では3種類でしたが、今回の『Plus』には、可変式弾道調整ウェイトが搭載され弾道調整機能が付いています。

PING G410

G410ドライバー

プラスされたテクノロジー

  • 空気抵抗を削減した455CCヘッドと6本のタービュレーターを搭載し速く振れて飛ぶ!
  • さらなるたわみをうみ出すPING独自のフォージドフェースだから最大初速でさらに飛ぶ!
  • 高い慣性モーメント、深重心構造でブレなさプラス

2種類のヘッドラインナップ

PLUS(プラス)ドライバー

弾道調整機能付きでブレないPLUS(プラス)

ピンG410ドライバーplus ピンG410ドライバーplus

『スタンダードポジション』『DRAW(ドロー)ポジション』『FADE(フェード)ポジション』と調整可能な『可変式弾道調整ウェイト』が搭載されていることが分かります。

ヘッドスペック(PLUS)

ヘッド素材:FORGED T9S+チタン(フェース)/811チタン(ボディ)

ロフト角(度) 9 10.5 12
ヘッド体積(CC) 455
ライ角(度) 59.5
*総重量(g)・バランス 約293・D2(ALTA JCB RED・R・45.75インチ)
ヘッドスペック(SFT)

ヘッド素材:FORGED T9S+チタン(フェース)/811チタン(ボディ)

ロフト角(度) 10.5
ヘッド体積(CC) 455
ライ角(度) 59.5
*総重量(g)・バランス 約293・D2(ALTA JCB RED・R・45.75インチ)
シャフトスペック(PLUS/SFT共通)
シャフト名 ALTA JCB RED PING TOUR 173-65 PING TOUR 173-75
素材 カーボン カーボン カーボン
標準クラブ長(inch) 45.75 45.25 45.25
フレックス R SR S X R S X R S X
重量(g) 45 50 55 60 57 61 66 68 75 80
トルク(度) 5.9 5.2 4.7 4.4 4.3 3.4 3.2 3.3 2.9 2.8
キックポイント 中先 中元 手元 中元 手元
シャフト名 ALTA DISTANZA The ATTAS Speeder EVOLUTION Ⅴ TENSEI CK Pro Orange
素材 カーボン カーボン カーボン カーボン
標準クラブ長(inch) 46 45.25 45.25 45.25
フレックス 5S 6S 569S 661S 60S 70S
重量(g) 40 54 63 59.5 66 64 72
トルク(度) 5.9 5.6 3.6 4.5 3.7 3.5 2.9
キックポイント 先中 先中 手元 手元

SFTドライバー

さらにヒール寄りの重心設計で最もつかまるSFT

ピンG410ドライバーSFT ピンG410ドライバーSFT

『PLUS』とは違い、可変式弾道調整ウェイトはついていません。つかまりの良さに特化したモデルだけあり『PLUS』でいうところの『DRAW(ドロー)ポジション』に固定されています。



ピン G410ドライバー 【PLUS】と【SFT】を試打レビュー

試打 測定で使用した弾道測定器とボール

使用した弾道測定器はSKYTRAK(スカイトラック)で、ボールはブリヂストンのレンジボールです。

SKYTRAK(スカイトラック) ブリヂストン レンジボール

G410ドライバー【PLUS】

シャフトとロフト角

シャフトは『PING TOUR 173-65』でフレックスはSです。『ロフト角』は10.5度です。

ピンG410ドライバーPING TOUR 173-65

測定結果

ピンG410plusドライバー測定結果

G410ドライバー【SFT】

シャフトとロフト角

シャフトは『Speeder EVOLUTION Ⅴ 661』でフレックスはSです。『ロフト角』は10.5度です。

ピンG410ドライバーSpeeder EVOLUTION Ⅴ 661

測定結果

ピンG410ドライバーSFT測定結果

ピン G410 ドライバー【PLUS/SFT】 試打レビュー

G400の良さを継承したモデルです。

『SFT』の方は、謳い通り、つかまりが良く、右へのミスが減るモデルだと感じました。スイングした直後「右に抜けた」と思ったショットが測定器の表示ではまっすぐ飛んでいたりしました。

『PLUS』より『SFT』の方がスピン量が多いです。ヘッドの構造的に『PLUS』より『SFT』の方がボールが上がりやすく作られているのでしょうか。それともシャフトの特性でしょうか(打ち出し角の平均は両方とも15度ほどで差はほとんどありませんでした)。

ピン G410ドライバー PLUS
ピンG410ドライバーPLUS
ピン G410ドライバー SFT
ピンG410ドライバー

参考価格:59,616円(税込)

キャロウェイEPIC FRASH STAR(エピックフラッシュスター)ドライバー

キャロウェイ エピックフラッシュ ドライバー 試打レビュー

ピン G410アイアン ヘッド

ピン G410 アイアン 試打レビュー

キャロウェイEPIC FRASH STAR(エピックフラッシュスター)ドライバー

2019年春 話題のドライバー エピックフラッシュとG410を比較

PING(ピン)G410ヘッド ソール2

PING(ピン)G410ドライバー【LST】 試打レビュー