ブリヂストン TOUR-B XW-2 ウェッジ 試打レビュー

TOUR-B XW-02 バックフェース クラブ

進化したフェースミーリングが優れたスピン性能を生み出すなど、スピンにこだわった軟鉄鍛造ウェッジの「XW」。

ティアドロップ形状の「01」とグースネックの「02」のうち、「02」を今回は紹介したいと思います。

最近のブリヂストンはボールが話題を集めていますが、ウェッジもチェックしておきたいところです。

「XW02」は「J,s」時代から引き継がれる「ザ・グースネック」といった感じのウェッジで「ブリヂストンのグース」という仕上がりになっています。

尾崎将司(ジャンボ尾崎)選手が使用しているイメージが強いです。

ポイント

バイティングレールミルド

優れたスピン性能獲得を狙い、フェースの溝と溝の間に施したレール上のミルドに凸方向の突起をプラスし、さらなるスピン量を追求しました。

TOUR-B XW-02 フェース

番手別ソール設計

Fソール:フラットソール

「XW-02」では、「48-6」「50-8」「52-10」で採用しています。

フルショットでの抜けの良さ獲得を狙い、バウンス効果が高くしています。

Eソール:イージーソール

「56-10」「58-12」で採用しています。

ソール幅が広く、インパクト時の入射角のズレを許容するため、ダフリのミスに強いです。

TOUR-B XW-02 ソール

スペック

TOUR-B XW-02 スペック

ブリヂストン TOUR-B XW-02 ウェッジ 試打レビュー

「ブリヂストン TOUR-B XW-02 ウェッジ」をゴルフコースのアプローチ練習場(天然芝)で試打したのでレビューします。

使用ボールはタイトリスト「プロV1」です。

TOUR-B XW-02 顔 タイトリストプロV1

「この顔には慣れない……」というのが、正直な感想です。

スクエアに構えて打った時、スピンは効きますが、ワイドソールが効いているのか、フェースを開いて使いにくいです。ボールの下にリーディングエッジを入れにくいです。

こう感じるのは、筆者はこれまでシンプルな顔のウェッジしか使ったことがないので、クラブの機能的な部分ではなく、単に慣れていないだけ、なのかもしれません。

ワイドソール&グースネックなので、シンプルに打つ時の距離感は合わせやすいと思います。

TOUR-B(ツアーB)XW-01 バックフェース

ブリヂストン TOUR-B XW-1 ウェッジ 試打レビュー

ウェッジ特集はこちら

ゴルフ ウェッジ選びで気をつけること ロフト角 シャフト バウンス角

ゴルフを楽しむ!上達する!ウェッジ選びで重要な3つの項目

ブリヂストン TOUR-B XW-2ウェッジ

参考価格:19,440円(税込)