キャロウェイ エピックフラッシュ ドライバー 試打レビュー

キャロウェイEPIC FRASH STAR(エピックフラッシュスター)ドライバー クラブ

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

あのキャロウェイの「EPIC(エピック)」が、さらなる革新的テクノロジーとともに、「EPIC FRASH(エピックフラッシュ)」の名を冠し登場しました。進化のポイントは、何といってもフェースとのこと。

「STAR(スター)」と「SUB ZERO(サブゼロ)」。2つのタイプのヘッドがされています。果たしてそれぞれはどういうクラブなのでしょうか。比較したいと思います。

キャロウェイ EPIC FRASH ドライバー

キャロウェイ EPIC FRASH STARドライバー

ついに、ゴルフクラブにもAI時代が。再び世界を驚愕させる、ボール初速で飛ばせ

ゴルフクラブの開発で初めてAI(人工知能)を導入し、スーパーコンピューターを駆使することで、通常では34年もの膨大な時間を要するほどの多くのデザイン解析を可能にし、ボール初速の最大化と耐久性の確保を達成したいう、独特な形状の「FRASH フェース」と「JAILBREAKテクノロジー」がポイントです。

「この2つの革新的なテクノロジーの相乗効果が、人間の常識と想像を超えた、かつてない飛びを生み出す」と、キャロウェイが自信を持って送り出すモデルです。

キャロウェイEPIC FRASH STAR(エピックフラッシュスター)ドライバー キャロウェイEPIC FRASH STAR(エピックフラッシュスター)ドライバー

スペック

ヘッドスペック
番手 W#1
フェース素材/構造 鍛造6-4チタン/FRASH FACEテクノロジー
ボディ素材 8-1-1チタンボディ+トライアクシャル・カーボンクラウン+ペリメーターウェイト約12g
クラブ長さ(インチ) 45.75
ヘッド体積(㎤) 460
ロフト角(°) 9.5 10.5
ライ角(°) 59.5
シャフトスペック
シャフト名(硬さ) Speeder EVOLUTION for CW(S) Speeder EVOLUTION for CW(SR) Speeder EVOLUTION for CW(R) Tour AD VR-5(S) Speeder EVOLUTION V 569(S)
ラインナップ 9.5
10.5 〇(L) 〇[L] 〇(L) 〇(L) 〇(L)
バランス D2 D1 D2
クラブ重さ 約293g 約292g 約290g 約300g 約301g
シャフト重さ 約52g 約51g 約49g 57g 59.5g
シャフトトルク 5.6 5.7 5.8 4.5 4.5
シャフト調子 中調子 中調子 先中調子

〇:通常在庫 □:受注生産 [L]:左用モデル・通常在庫 (L):左用モデル:受注生産

※シャフトスペックはシャフトメーカーの公表値になります。

カスタムシャフト

EPIC FRASH SUB ZERO ドライバー

AIが生んだFRASH フェース+低重心ヘッドで時空を突き抜ける弾道を

「SUB ZERO ドライバー」は、「FRASH フェース」と「JAILBREAK テクノロジー」の驚くべきボール初速を、低重心ヘッドにより、かつて見たことのない強弾道へと導くモデルです。

ソール前方にはスクリューウェイト、後部にはSUB ZEROモデルとしては初めてペリメーター・ウェイティングを搭載。余計なスピンを軽減することで、ボールの直進性が増す構造になっています。

低スピンモデルのため、STARドライバーに比べて、ヘッドスピードが速いゴルファー向けのモデルですが、充分なやさしさも併せ持つモデルに仕上がったそうです。

キャロウェイEPIC FRASH SUB ZERO(エピックフラッシュサブゼロ)ドライバー キャロウェイEPIC FRASH SUB ZERO(エピックフラッシュサブゼロ)ドライバー

スペック

ヘッドスペック
番手 W#1
フェース素材/構造 鍛造6-4チタン/FRASH FACEテクノロジー
ボディ素材 8-1-1チタンボディ+トライアクシャル・カーボンクラウン+スクリューウェイト約2g+ペリメーターウェイト約12g
クラブ長さ(インチ) 45.25
ヘッド体積(㎤) 460
ロフト角(°) 9.5 10.5
ライ角(°) 56.5
シャフトスペック
シャフト名(硬さ) Tour Ad SZ(S) Tour AD SZ(SR) Tour AD VR-6(S) Speeder EVOLUTION V 661(S)
ラインナップ 9.0 〇[L] 〇(L) □(L) □(L)
10.5
バランス D4 D4
クラブ重さ 約310g 約308g 約321g 約320g
シャフト重さ 約53g 約51g 65g 66g
シャフトトルク 5.9 3.2 3.7
シャフト調子 中調子 中調子 先中調子

〇:通常在庫 □:受注生産 [L]:左用モデル・通常在庫 (L):左用モデル:受注生産

※シャフトスペックはシャフトメーカーの公表値になります。

カスタムシャフト


【STAR(スター)】と【SUB ZERO(サブゼロ)】を試打レビュー

キャロウェイ エピックフラッシュ STAR 測定結果

シャフトとロフト角

試打したクラブのシャフトはツアーAD VR-5のSで、ロフト角は10.5度です。

キャロウェイEPIC FRASH STAR ツアーAD VR-5

測定結果

キャロウェイEPIC FRASH STAR(エピックフラッシュスター)ドライバー

キャロウェイ エピックフラッシュ SUBZERO 測定結果

シャフトとロフト角

試打したクラブのシャフトはツアーAD SZ-5のSで、ロフト角は10.5度です。

キャロウェイEPIC FRASH STAR ツアーAD SZ-5

測定結果

キャロウェイEPIC FRASH SUB ZERO(エピックフラッシュサブゼロ)ドライバー

【STAR(スター)】と【SUB ZERO(サブゼロ)】を比較

構えた時の顔は【STAR】の方が上がりやすい印象です。

また、【SUB ZERO】の方がすっきりシャープな印象です。

飛距離は【STAR】の方が出ました。クラブスピード(ヘッドスピード)が42m/s程度だと【SUB ZERO】より【STAR】の方が良いかもしれません。

そして【SUB ZERO】はハードヒッター向けのモデルで、低スピンモデルです。今回の試打した結果も【STAR】より【SUB ZERO】の方がスピン量が少ない結果となりました。

しかし、「つかまらない」といったことはなく、球が右に抜ける印象はありませんでした。おそらくクラブスピードが50m/s程のヘッドスピードが速い上級者のゴルファーでもそんなに右に抜けないのではないでしょうか。

方向性は【STAR】も【SUB ZERO】も及第点です。

シャフト次第にはなりますが、ヘッドスピードが筆者のような42m/s程度であれば、【SUB ZERO】よりも【STAR】が良い可能性が高いです。

EPIC FRASHは初代EPICの飛距離性能を受け継ぎながら、方向性を向上させたモデルと言えそうです。

EPIC FRASH STAR ドライバー
キャロウェイEPICFRASHSTAR(エピックフラッシュスター)ドライバー
EPIC FRASH SUB ZERO ドライバー
キャロウェイEPICFRASH SUBZERO(エピックフラッシュサブゼロ)ドライバー

参考価格:66,528円(税込)

キャロウェイEPIC FRASH STAR(エピックフラッシュスター)ドライバー

2019年春 話題のドライバー エピックフラッシュとG410を比較