PING(ピン)G410ドライバー【LST】 試打レビュー

PING(ピン)G410ヘッド ソール2 クラブ

2019年7月4日に発売開始になった、PING G410 ドライバー【LST】は低スピンタイプで、叩いても曲がりにくいヘッド構造になっています。今回はそのG410ドライバー【LST】の紹介です。

2019年3月21日にはG410ドライバーの【PLUS】【SFT】が発売されており、当サイトでもレビューしました。

ピンG410ドライバーplus

ピン G410ドライバー【PLUS/SFT】 試打レビュー

PINGのG400ドライバーは高評価を得て人気を獲得しました。

2017年は、男子ツアー賞金王、宮里優作選手も、女子ツアー賞金女王、鈴木愛選手もG400ドライバーを使用していたことも話題となり、人気に拍車をかけました。※宮里優作選手はクラブ契約フリー(当時)、鈴木愛選手はPING契約(当時)でした。

2018年はG400 MAXドライバーが登場し、人気を獲得しました。

そして2019年はG410ドライバーが堂々登場です!

G410ドライバーは「G400ドライバーよりもさらに飛びをプラス」というキャッチコピーを採用しています。

今回、G410には『LST』が加わり、ヘッドは『PLUS』『SFT』『LST』の3種類のラインナップ。G410ドライバーには、可変式弾道調整ウェイトが搭載され弾道調整機能が付きました。

ピン G410ドライバー【LST】

PING(ピン)G410LST3種類のヘッド

【PLUS】【SFT】のソールには赤いラインが入っていますが、【LST】は赤いランがなくソールすべて黒で、より精悍な印象を受けるデザインになっています。

【PLUS】【SFT】のヘッド体積が455㎤であるのに対し、【LST】は450㎤で、やや小ぶりでシャープなヘッドになっています。

ヘッド体積の差は5㎤ですが、【LST】はディープフェイスであるため、構えた時には5㎤以上に、【PLUS】【SFT】よりもヘッドが小さく感じます。

また、【PLUS】【SFT】のライ角が59.5度であるのに対し、【LST】は58.0度と、1.5度フラットになっていて、つかまりすぎを抑えたヘッド形状と言えます。

ヘッドスペック

ヘッド素材:FORGED T9S+チタン(フェース)/811チタン(ボディ)

ロフト角(度) 9 10.5
ヘッド体積(CC) 450
ライ角(度) 58.0
*総重量(g)・バランス 約305・D3(ALTA JCB RED・S・45.75インチ)

シャフトスペック(PLUS/SFT/LST共通)

シャフト名 ALTA JCB RED PING TOUR 173-65 PING TOUR 173-75
素材 カーボン カーボン カーボン
標準クラブ長(inch) 45.75 45.25 45.25
フレックス R SR S X R S X R S X
重量(g) 45 50 55 60 57 61 66 68 75 80
トルク(度) 5.9 5.2 4.7 4.4 4.3 3.4 3.2 3.3 2.9 2.8
キックポイント 中先 中元 手元 中元 手元
シャフト名 ALTA DISTANZA The ATTAS Speeder EVOLUTION Ⅴ TENSEI CK Pro Orange
素材 カーボン カーボン カーボン カーボン
標準クラブ長(inch) 46 45.25 45.25 45.25
フレックス 5S 6S 569S 661S 60S 70S
重量(g) 40 54 63 59.5 66 64 72
トルク(度) 5.9 5.6 3.6 4.5 3.7 3.5 2.9
キックポイント 先中 先中 手元 手元

ピン G410ドライバー【LST】 試打 測定結果

使用した弾道測定器はSKY TRAK(スカイトラック)で、ボールはブリヂストンのレンジボールです。

SKYTRAK(スカイトラック) ブリヂストン レンジボール

測定したヘッドとシャフト

ロフト角は9度のヘッドを使用しました。

PING(ピン)G410ヘッド 顔 PING(ピン)G410ヘッド ソール PING(ピン)G410ヘッド 正面から PING(ピン)G410ヘッド フェース

シャフトは、

  • PING TOUR 173-65(S)
  • TENSEI CK Pro Orange 50(S)
  • ALTA JCB RED(S)」

の3種類を試打しました。

PING TOUR 173-65(S)

PING(ピン)G410シャフト PING TOUR 65
測定結果
PING(ピン)G410 PING TOUR65 1回目 ゴルフシャフト PING TOUR 65 測定結果②

TENSEI CK Pro Orange 50(S)

ゴルフシャフト TENSE CK Pro orange
測定結果
TENSEI CK Pro Orange 測定結果① TENSEI CK Pro Orange 測定結果②

ALTA JCB RED(S)

ゴルフシャフト ALTA JCB RED
測定結果
ALTA JCB RED 測定結果① シャフト ALTA JCB RED S②

ピン G410ドライバー【LST】 試打 レビュー

やはり「PLUS」「SFT」に比べて、ボールがつかまりにくいです。左へのミスを抑えたり、ふけ上がりを抑えたいゴルファー向けのクラブのようです。

今回試打した3つのシャフトの中では飛距離は「ALTA JCB RED」が最も出ました。クラブスピードやボール初速も、最も大きい数値となりました。

他の2つのシャフトよりも0.5インチ長いことによる部分が大きいとは思いますが、ボールを弾いている感じが最も体に伝わってきました。

方向性の安定感があったのは「TENSEI CK Pro Orange 50」でした。飛距離もまずまず出ていて、筆者がこの3つの中で選ぶとすればこの「TENSEI CK Pro Orange 50」でしょうか。

「PING TOUR 173-65」は筆者の場合は慣れる必要があるかもしれません(筆者が普段使用しているシャフトが、50グラム台のトルク多め、です)。

PING(ピン) G410ドライバー LST
PING(ピン)G410ドライバー

参考価格:62,100円(税別)