PRGR(プロギア) RSウェッジ(2018) 試打レビュー

プロギア RSウェッジ バックフェース クラブ

今回はPRGR(プロギア)のRSウェッジを紹介します。

最近のプロギアといえば、ルール適合の限界をギリギリ狙ったドライバー「RSドライバー」が認知されていますが、「RSウェッジ」も、RSシリーズらしく王道を行っていて、魅力的なクラブです。

オーソドックスなウェッジが好みのゴルファーは、押さえておきたいウェッジです。

プロギア RSウェッジ

ポイント

ワイドソール+偏肉設計

プロギア RSウェッジ バックフェース プロギア RSウェッジ ソール

Wヘリンボーンミーリング

プロギア RSウェッジ フェース

5つのロフトバリエーション

48°、50°、52°、56°、58°の5つのロフト角がラインナップされています。

54°が無くて、48°と50°が有るところがなかなか考えてるなぁと、感じました

仕様

プロギア RSウェッジ スペックはこちらから。

プロギア RSウェッジ 試打レビュー

プロギア RSウェッジの「56°/スペックスチールⅢ Ver2(FOR WEDGE)」をゴルフコースのアプローチ練習場(天然芝)で試打したのでレビューします。

使用ボールはタイトリスト「プロV1」です。

PRGR(プロギア) サンドウェッジ 顔 タイトリストプロV1

先述したようにプロギアと言えば「ドライバー」のイメージが強く、ウェッジにピンとこないのですが、意外に良いです。

過去のモデル「ナブラツアーウェッジ」は筆者の好きな顔でした。

といっても、この「良い」は構えた時の顔のことで、顔の良し悪しは、人ぞれぞれ感じ方が違うポイントなので、すべてのゴルファーにはあてはまりませんが……

ボールを打った感じも良いです。

シャフトが軽量スチールだったのですが、ダイナミックゴールドにするとよりスピンが期待できます。

ワイドソールですがフェースを開いて使うこともできます。

ウェッジ特集はこちら

ゴルフ ウェッジ選びで気をつけること ロフト角 シャフト バウンス角

ゴルフを楽しむ!上達する!ウェッジ選びで重要な3つの項目

プロギア RSウェッジ(2018)
PRGR(プロギア) サンドウェッジ 18RSWEDGE

参考価格:18,468円(税込)