スウィートスポット拡大 ゼクシオ12アイアン 試打レビュー

ゼクシオ12アイアンのバックフェース クラブ

21世紀の王者という意味がこめられているXXIO(ゼクシオ)。初代が発売されてから20年以上が経ってもその実力をいかんなく発揮し、多くのゴルファーの支持を集めています。

ゼクシオは易しさ重視のモデルですが、12代目の今作も易しさを向上させて登場しました。11代目よりもヘッドの大型化に成功し、スウィートスポットが拡大。よりミスヒットに強くなりました。

ゼクシオ12

つかまる ゼクシオ12 ウッド系クラブ 試打レビュー

テクノロジー

ゼクシオアイアンと言えばチタン。ゼクシオ12は薄肉チタンフェースです。そしてウッド同様、アイアンにもリバウンドフレームを採用しています。

スペック

ゼクシオ12アイアンのカオ
ゼクシオ12アイアンのシャフト

シャフトラインナップ

「ゼクシオ MP1200 カーボンシャフト」と「N.S.PRO 850GH DST for XXIO スチールシャフト」が標準ラインアップされています。

ゼクシオ12アイアン ロフトとシャフトのバリエーション
R2は受注生産
ゼクシオ12アイアン 詳細情報
7番で28度。ストロングロフトですが昨今の標準です。

試打 測定

ゼクシオ12アイアン カーボンシャフト(R)を試打しました。測定器はSKYTRAK(スカイトラック)で、使用球はタイトリストProV1です。

ゼクシオ12測定
ボールはProV1
ゼクシオ12アイアンのシャフト カーボンR
フレックスはR
ゼクシオ12アイアン 測定データ
  H/S(m/s) 打ち出し角(°) スピン量(rpm) 左右ブレ(Y) 飛距離(Y)
1 38.2 18.5 5548 -1.9 163.9
2 38.0 19.5 6028 7.7 161.6
3 37.9 17.9 6191 7.7 160.6
4 38.7 17.3 5906 -4.5 165.2
5 37.3 18.6 5827 7.0 158.5
平均 38.0 18.3 5900 162.0

※左右ブレの平均は算出していません。例えば、-5(5ヤード左)と+5(5ヤード)右の平均は0(まっすぐ)となってしまうためです。

レビュー

スウィートスポットは広いです。右にすっぽ抜ける心配は小さくて済みそうです。つかまりは良いですが、7番アイアンでライ角62.5度は、アップライトではないので、ライ角でつかまりをよくしているわけではなさそうです。

意外だったのがスピン量の多さ。平均5900rpmで、ある程度スピンが効いています。飛ぶだけでなく止まります。

ヘッドが大型化している分、ラフからは厳しそうですが、それ以外の部分では多くのゴルファーの力になってくれるクラブといえそうです。

ウッド系も評価が高いゼクシオ。アイアンもゼクシオらしいはじき感が継承されています。チタンフェースなので、軟鉄鍛造などに比べると打感がかたいですが、それが気にならないゴルファーであれば納得できるクオリティーと言えるでしょう。

ゼクシオ12 アイアン
ゼクシオ1アイアン amazon

参考価格:123,750円(税込)