ダンロップ ゼクシオ12 ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド 試打レビュー

ゼクシオ12 クラブ

「21世紀の王者」という意味がこめられて2000年にデビューしたゼクシオ。2021年12月11日に12代目のゼクシオ12が発売されます。「21世紀」「12代目」「2021年12月11日」と、発売日をゼクシオにちなんだ数字の日にしていますね。

ゼクシオ12にも、歴代のゼクシオ同様、ダンロップが自信を持って世に送り出せるテクノロジーが搭載されています。ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッドを試打したのでレポートします。

テクノロジー

アクティブウィング

スイング中の遠心力の悪影響を軽減し、ヘッドのブレを抑制。インパクトのばらつきを改善するテクノロジーです。

リバウンドフレーム

オフセンターショットに強い、カップフェース[REBOUND FRAME」を採用。4層構造がたわむエリアをより柔らかく、支点となるエリアをより硬くすることで、反発性能が向上しました。

ゼクシオ12 ドライバー

ゼクシオ12ドライバー ソール
ゼクシオ12ドライバー カオ
ゼクシオ12ドライバー フェース

スペック

ロフト、シャフトバリエーション

xxio12ドライバー ロフトとシャフトのバリエーション
※R2は受注生産

詳細

xxio12ドライバー 製品詳細

試打 測定

シャフトはMP1200(S)で、10.5度を試打しました。弾道測定器はスカイトラックです。

ゼクシオ12シャフト MP1200
スカイトラック
ゼクシオ12ドライバー 測定データ
  H/S(m/s) 打ち出し角(°) スピン量(rpm) 左右ブレ(Y) 飛距離(Y)
1 42.2 13.3 3423 -6.3 222.9
2 42.4 13.8 3616 0.8 221.1
3 41.5 15.3 2612 -6.8 225.7
4 43.0 14.1 2945 -5.8 232.1
5 42.9 15.4 3351 9.6 227.2
平均 42.4 14.4 3189 225.8

レビュー

ゼクシオはフックフェースです。左が嫌な上級者は敬遠されがちですが、意外にすっきりしていて左へ飛ぶ怖さは感じません。

総重量が280グラム台と軽く、Sでもトルクが6.4ですが、シャフトに頼りなさは感じません。しっかりとたたいていけるでしょう。ただ、筆者の場合スピン量が理想よりも多くなりました。

球が上がりにくいゴルファーや、スライスを抑えたいゴルファーにおすすめですが、シャフト次第では上級者も使ってみる価値があるドライバーです。

ゼクシオ12 ドライバー
XXIO12ドライバー アマゾン

参考価格:79,200円(税込)

ゼクシオ12 フェアウェイウッド

ゼクシオ12ドライバー フェアウェイウッド ソール
ゼクシオ12フェアウェイウッド カオ 
ゼクシオ12フェアウェイ フェースウッド 

スペック

ロフト、シャフトバリエーション

xxio12フェアウェイウッド ロフトとシャフトのバリエーション
※R2は受注生産

詳細

xxio12フェアウェイウッド 製品詳細

試打 測定

シャフトはMP1200(S)で、4番を試打しました。弾道測定器はスカイトラックです。

ゼクシオ12シャフト MP1200
スカイトラック
ゼクシオ12フェアウェイウッド(#4) 測定データ
  H/S(m/s) 打ち出し角(°) スピン量(rpm) 左右ブレ(Y) 飛距離(Y)
1 40.8 12.6 3404 -22.7 210.0
2 40.6 12.6 4333 11.7 203.9
3 40.0 14.5 3198 0.4 212.5
4 41.1 8.9 3535 1.7 192.1
5 40.6 13.7 3928 5.1 209.2
平均 40.6 12.46 3680 205.5

レビュー

球が上がりやすいです。スピン量が多いですが、これはシャフトの問題かなと思います。2打目でウッド系クラブを持つことが多いゴルファーは重宝するのではないでしょうか。

フェアウェイウッドも、ドライバー同様、ややフックフェースですが、左への怖さはあまり感じないぐらいすっきりした見た目になっています。

ゼクシオ12 フェアウェイウッド

参考価格:52,470円(税込)

ゼクシオ12 ハイブリッド

ゼクシオ12ユーティリティー ソール
ゼクシオ12ユーティリティー カオ
ゼクシオ12ユーティリティー フェース

スペック

ロフト、シャフトバリエーション

xxio12ハイブリッド ロフトとシャフトのバリエーション
※R2は受注生産

詳細

xxio12ハイブリッド 製品詳細

試打 測定

シャフトはMP1200(S)で、3番を試打しました。弾道測定器はスカイトラックです。

ゼクシオ12シャフト MP1200
スカイトラック
ゼクシオ12ハイブリッド(H3) 測定データ
  H/S(m/s) 打ち出し角(°) スピン量(rpm) 左右ブレ(Y) 飛距離(Y)
1 40.4 11.8 3257 -10.8 195.4
2 40.9 15.1 3228 -3.0 207.6
3 41.1 15.0 2078 -6.4 192.0
4 39.8 12.7 3583 -20.2 203.6
5 39.5 13.2 4738 8.0 193.4
平均 40.3 13.6 3377 198.4

レビュー

見た目がつかまり顔ですね。案の上、つかまります。スイングタイプにもよりますが、フェアウェイウッドが右に飛んでしまうゴルファーは、代わりにこのハイブリッドを使うと良いかもしれません。

ゼクシオ12 ハイブリッド
XXIO12ハイブリッド アマゾン

参考価格:38,610円(税込)

まとめ

圧倒的なシェアを誇るゼクシオ。今回は、その最新版の試打レビューでした。打感や構えた時の印象は、ゴルファーそれぞれ異なるものですが、過去の世代のものに比べてオーソドックスになってきているようです。

2000年に登場した初代ゼクシオドライバーは305cc、5代目で初めて460ccになりました。そして、サイズだけでなく、搭載しているテクノロジーも進化し続けていることで、22年の間、ゴルファーに支持され続けています。

12代目も多くのゴルファーが満足する仕上がりになっています。

ゼクシオ12 ドライバー
XXIO12ドライバー アマゾン

参考価格:79,200円(税込)

ゼクシオ12 フェアウェイウッド
XXIO12フェアウェイウッド アマゾン

参考価格:52,470円(税込)

ゼクシオ12 ハイブリッド
XXIO12ハイブリッド アマゾン

参考価格:38,610円(税込)