ホンマ T//WORLD GSドライバー 試打レビュー

honmags-head クラブ

「WOW!」という大きな文字が入った広告を目にした方は多いのではないでしょうか。2021年1月29日発売のHONMA(ホンマ)のT//WORLD GS ドライバーを紹介します。どのメーカーもドライバーでは飛距離性能を謳っているものが多いですが、T//WORLD GS ドライバーは他の要素にも自信があるようです。下記は公式ページにある文の一部です。

生まれ変わったHONMAがあなたに約束するのは、あらゆる瞬間に、思わず「WOW!」と叫ぶ、かつてないゴルフ体験だ。

https://www.youtube.com/watch?v=v-Pcgk0PELU&feature=emb_logo

HONMA(ホンマ) T//WORLD GS ドライバー

テクノロジー

honmags-face

「クランクスリット」「ラジアルフェース」により、オフセンターヒットでギア効果を高めてフェースの反発エリアを拡大。ヘッド後方にはヒール寄りにタングステンウェイトを搭載。ドローバイアス設計となっています。

また、付属のトルクレンチにより、シャフトを脱着・回転することなく、ライ角やロフト角、フェースアングルの無段階調整ができるホンマ独自の調角機能「ノンローティングシステム」が搭載されています。

スペック

GS ドライバー スペック
ロフト角(°) 9.5 10.5 11.5
ヘッド素材/製法 ボディ&フェース:Ti811/錆造 フェース:Ti6-4/圧延
長さ(インチ) 45.5
ヘッド体積(㎤) 460
ライ角(°) 59.5
SPEEDTUNED48 R SR S R SR S R SR S
バランス/総重量(g) D1/293.5 D1.5/295 D1/292 D1/203.5 D1.5/295 D1/292

※:オーダー対応

HONMA(ホンマ) T//WORLD GS ドライバー 試打測定

測定データ

弾道測定器で測定しました。シャフトはSPEEDTUNED48でフレックスはSです。使用した測定器はSKYTRAK。使用球はタイトリストのProV1です。

honmags-skytrak honmags-shaft
ホンマ T//WORLD GS ドライバー 弾道測定結果
飛距離(Y) 左右ブレ(Y) スピン量(rpm) 打ち出し角(°)
1 232.8 19.8 1983 14.8
2 222.9 7.6 2637 13.5
3 229.7 1.8 2100 14.0
4 227.5 9.4 2087 12.9
5 230.1 12.1 2648 14.2
平均 228.6 2291 13.9

※左右ブレの平均は算出していません。+5(5ヤード右)と-5(5ヤード左)の平均が0(まっすぐ)となってしまうので。

レビュー

honmags-kao

アベレージ向けやスライサー向けのクラブに多いフックフェースやオフセットの度合いは小さく構えやすかったです。

左に行きにくくかったです。これ自体は良いことですが、ドローバイアス設計のつかまりの良さが売りのモデルなので、もっと左に飛ぶと思っていたので意外でした。ただ、こすったような当たりではなく、捕らえてるけどフェースが開いての右、といった感触でした。筆者のスイングとシャフトの兼ね合いでしょう。

スピン量(平均2291rpm)も打ち出し角(平均13.9°)も適正でした。右に飛ぶ傾向でスピン量を抑えられているということは、つかまればもっとスピン量は減らせそうです。高打ち出しで低スピンが狙えるクラブと言えるかもしれません。

まとめ

ホンマがアベレージゴルファー向けに開発したGSドライバー。スライス抑制が期待できます。筆者の場合は、スライス抑制(ドローバイアス)の効果を得ることはできませんでしたが、ゴルファーによってはその効果を得らえるのではないでしょうか。クラブ契約フリーでツアーを戦っていた成田美寿々選手が今季からホンマ契約。クラブにこだわりがあるツアー選手からの評価も高いホンマが、アベレージ向けに自信を持って世に送り出したGSドライバーを体感してみてはいかがでしょうか。

HONMA T//WORLD GS ドライバー
ホンマ GS ドライバー

参考価格:59,840円(税込)