ヨネックス E-ZONE(イーゾーン) W 501 ウェッジ 試打レビュー

ヨネックス E-ZONE W501 ウェッジ バックフェース クラブ
パットチェーンゲート バナー

「E-ZONE」といえば、ドライバーのイメージが強いですが、今回は「E-ZONE W501 ウェッジ」の紹介です。

「E-ZONE W501 ウェッジ」は、ラフでも雨の日でも、高いスピン性能を発揮することを狙った、マイクロコンベックスフォージド(微細凸鍛造)を採用しています。

なんと世界初の精密鍛造フェース、とのこと。

ポイント

マイクロコンベックスフォージド フェース

特許出願中の微細凸鍛造が「マイクロコンベックスフォージド」です。

「マイクロコンベックスフォージド」は、溝と溝の間の平面上に精密鍛造製法にて0.025mm以下の凸ラインを設け、より高いスピン性能実現を狙って開発されたものです。

ヨネックス E-ZONE W501 ウェッジ フェース

G-BRID構造+真空熱処理製法

従来の軟鉄以上の好打感を狙い、フェース裏側にスリットを設け、内部にグラファイト性振材を複合するG-BRID(グラファイトハイブリッド)構造を採用し、振動を抑えるとともに、低重心化を可能にしました。

ヨネックス E-ZONE W501 ウェッジ バックフェース

ヨネックス EZONE(イーゾーン) W 501 ウェッジ 試打レビュー

「ヨネックス E-ZONE W501 ウェッジ」をゴルフコースのアプローチ練習場(天然芝)で試打したのでレビューします。

使用ボールは、タイトリストの「プロV1」です。

ヨネックス E-ZONE W501 ウェッジ 顔

タイトリストプロV1

グラファイト制振材の色が独特です。

その影響もあってか、フェースを開いても使えるソール形状になってはいるものの、フェースを開くとリーディングエッジが浮いて見えます。

打ってみるとフェースを開いても使えるのですが、フェースを開いたとき使いにくく感じました。

「カーボンコンポジットドライバー」など、革新的なクラブを世に送り出してきたヨネックスの「世界初」「特許」というワードに囲まれたウェッジは触れておいた方が良いかもしれません。

ウェッジ特集はこちら

ゴルフ ウェッジ選びで気をつけること ロフト角 シャフト バウンス角

ゴルフを楽しむ!上達する!ウェッジ選びで重要な3つの項目

ヨネックス E-ZONE W501 ウェッジ
ヨネックス E-ZONE W501

参考価格:21,600円(税込)