ホンマT//WORLD GS PROTOTYPE ドライバー 試打レビュー

ホンマ T//WORLD ドライバー ヘッド クラブ

2タイプのヘッド

「WOW!プラス10ヤード」のキャッチコピーで、多くのゴルファーから支持された、ホンマ T//WORLD GS ドライバーの後継モデルPROTOTYPE(プロトタイプ)ドライバーがデビューしました。ヘッドタイプは「Ⅰ」と「Ⅱ」の2種類。両タイプとも、前モデルよりもアスリート向けの仕上がりになっています。

オフセンターヒットでギア効果を高めて弾道を補正する効果や、ボールスピードをアップさせるべく、フェースの反発力や反発エリアを最大化するテクノロジーを搭載しています。

そして、シャフトを脱着、回転することなく、ライ角やロフト角、フェース角の無段階調整ができる、ホンマ独自の無段階調角機能も搭載しています。

T//WORLD GS ドライバー 調角機能
T//WORLD GS ドライバー ソール

ビジュアル

PROTOTYPE Ⅰ

ホンマ T//WORLD GS ドライバー PROTOTYPE Ⅰ ヘッド
ホンマ T//WORLD GS ドライバー PROTOTYPE Ⅰ 顔

PROTOTYPE Ⅱ

ホンマ T//WORLD GS ドライバー PROTOTYPE Ⅱ ヘッド
ホンマ T//WORLD GS ドライバー PROTOTYPE Ⅱ 顔

スペック

PROTOTYPE Ⅰ

ロフト角(°)

9.5
ヘッド素材/製法 ボディ:Ti811・クラウンカーボン/鋳造 フェース:Ti6-4/圧延
長さ(インチ) 45.25
ヘッド体積(cm³) 460
ライ角(°) 57.0
バランス/総重量(g) S D2/305
S D3/313.5

PROTOTYPE Ⅱ

ロフト角(°)

9.5
ヘッド素材/製法 ボディ:Ti811・クラウンカーボン/鋳造 フェース:Ti6-4/圧延
長さ(インチ) 45.25
ヘッド体積(cm³) 450
ライ角(°) 57.0
バランス/総重量(g) S D2/306
S D3/314.5

試打 測定

測定機器

使用した弾道測定器はSKYTRAK(スカイトラック)で、使用球はタイトリストのProV1です。PROTOTYPEⅠのシャフトはVZARD55(S)で、PROTOTYPEⅡのシャフトはVZARD65(S)です。

スカイトラック
シャフト VZARD FZ55
シャフト VZARD FZ65

PROTOTYPE Ⅰ

PROTOTYPE Ⅰ 測定データ
  H/S(m/s) 打ち出し角(°) スピン量(rpm) 左右ブレ(Y) 飛距離(Y)
1 42.2 11.1 1989 -9.1 217.6
2 41.7 11.0 2210 18.7 215.7
3 42.0 10.2 2469 11.3 217.6
4 41.4 11.3 1999 9.4 213.2
5 41.8 10.7 2016 1.2 213.7
平均 41.8 10.9 2137 215.5

PROTOTYPE Ⅱ

PROTOTYPE Ⅱ 測定データ
  H/S(m/s) 打ち出し角(°) スピン量(rpm) 左右ブレ(Y) 飛距離(Y)
1 41.0 12.2 2933 -5.8 219.6
2 41.1 13.0 2038 15.9 216.4
3 41.7 12.1 2179 18.7 219.2
4 41.7 11.4 1999 5.0 215.9
5 41.9 12.3 2021 -1.0 222.4
平均 41.5 12.2 2234 218.7

まとめ

落ち着いたマットなデザインが特徴的です。顔はオーソドックス。ストレートフェースで目標に対してスクエアに構えやすいです。打感はやわらかいです。かたく、甲高い打音がするドライバーが苦手の人は気に入るのではないでしょうか。

Ⅰの方がⅡに比べて、体積が大きくシャローなので、球が上がりやすく、アベレージゴルファー向けのモデルといえるのかもしれませんが、両方ともややアスリートゴルファー向けのクラブかと思います。打った感じでも、測定データを見ても、特に大きな違いは感じませんでした。

ホンマ T//WORLD GS PROTOTYPE GS ドライバー
ホンマ T//WORLD GS ドライバー PROTOTYPE Ⅱ ヘッド

参考価格:70,400円(税込)