ピン G425フェアウェイウッド MAX・LST・SFT 比較試打レビュー

PING(ピン)G425フェアウェイウッド クラブ

ピンのG425ドライバー、G425アイアンに続き、G425フェアウェイウッドの紹介です。ドライバー同様ヘッドのラインナップが3モデル。MAX、LST(ロー・スピン・テクノロジー)、SFT(ストレート・フライト・テクノロジー)です。ドライバー同様、クールでカッコイイ仕上がりになっています。進化した様子のG425フェアウェイウッドの威力やいかに。

PING(ピン)G425アイアンのバックフェース

やさしく飛ばせる PING(ピン)G425アイアン 試打レビュー

PING(ピン)G425ドライバー ヘッド3種類

PING(ピン)G425ドライバー MAX・SFT・LST 比較試打レビュー

G425フェアウェイウッド

テクノロジー

新たに搭載したテクノロジーは2つ。1つ目が、極薄で高強度のマレージングC300フェースの面積をソールとクラウン部分まで拡大し、最大のたわみと初速を生み出す、フェースラップテクノロージー。2つ目が、新バルジ&ロール設計により、ミスヒット時でも最大のキャリーと飛距離を生み出す、スピンシステンシーテクノロジー。

3種類のヘッド

G425MAX フェアウェイウッド

PING(ピン)G425フェアウェイウッド MAXヘッドソール PING(ピン)G425フェアウェイウッド MAXヘッドソール

2つの新テクノロジーが、これまで以上の高さとキャリーを生み出し、最大の飛びを可能にします。スタンダードモデルです。

番手 #3 #5 #7 #9
ロフト角(度) 14.5 17.5 20.5 23.5
ヘッド体積(cc) 176 167 152 148
ライ角(度) 57.5 58 58.5 59
標準クラブ長(inch) 43 42.5 42 41.5
総重量(g)・バランス 約316・D1(#5・ALTA J CB SLATE・SR)

G425LST フェアウェイウッド

PING(ピン)G425フェアウェイウッド LSTヘッドソール PING(ピン)G425フェアウェイウッド LSTヘッドソール

前作よりスピン量が約200回転減少(当社調べ)した低スピン設計で、強弾道を生み出すハードヒッター向けモデルです。上級者が好むシャープなヘッド形状です。

番手 #3
ロフト角(度) 14.5
ヘッド体積(cc) 165
ライ角(度) 57.5
標準クラブ長(inch) 43
総重量(g)・バランス 約319(ALTA J CB SLATE・S)

G425SFT フェアウェイウッド

PING(ピン)G425フェアウェイウッド SFTヘッドソール PING(ピン)G425フェアウェイウッド SFTヘッドソール

ヒール寄り重心設計のストレート・フライト・テクノロジーが右へのミスを軽減するドローバイアス設計です。ボールが捕まりきらない、スライサー向けのヘッドです。

番手 #3 #5 #7
ロフト角(度) 16 19 22
ヘッド体積(cc) 189 178 168
ライ角(度) 58 58.5 59
標準クラブ長(inch) 43 42.5 42
総重量(g)・バランス 約312・D0(#5・ALTA J CB SLATE・R)

ヘッド体積とライ角にやさしやつかまり具合の違いが表れている

PING(ピン)G425フェアウェイウッド MAX・LST・SFTヘッド
#3のヘッド体積とライ角
ヘッド体積(cc) ライ角(度)
MAX 176 57.5
LST 165 57.5
SFT 189 58

基本的にはヘッド体積が大きいほどミスに強く、小さいほど操作性が高いとされています。また、ライ角が大きいほどつかまりが良くなります。よって、スペックからLSTは操作性が高く、SFTはやさしくて捕まりが良い、ということがわかります。

G425フェアウェイウッド 試打レビュー

データ測定

PING(ピン)G425フェアウェイウッド SKYTRAK測定 SKYTRAK画面 PING(ピン)G425フェアウェイウッド PING-TOUR-55S)

MAX、LST、SFTそれぞれ試打し、弾道測定器で測定しました。使用した測定器はSKYTRAKでボールはタイトリストのProV1。シャフトはすべてTOUR-55(S)で統一しました。下記表はそれぞれの「飛距離」「スピン量」「打ち出し角」の平均値です(1球ごとの左右ブレは記載していますが、平均値は算出していません。左10ヤードと右10ヤードの平均が0(まっすぐ)となるためです)。

打ち出し角とスピン量に、モデル別の特性の違いが表れたと言えそうです。LSTは低スピン。SFTは高い打ち出し高スピン。SFTはロフト角が他の2モデルよりも1.5度大きいことも影響しています。

G425フェアウェイウッド【MAX・LST・SFT】主要データ 平均
飛距離(Y) 左右ブレ(Y) スピン量(rpm) 打ち出し角(°)
MAX 209.9 3310 10.8
LST 212.6 2817 11.2
SFT 208.9 3762 13.0

MAX

G425フェアウェイウッド・MAX 弾道測定結果
飛距離(Y) 左右ブレ(Y) スピン量(rpm) 打ち出し角(°)
1 219.6 8.8 3427 13.0
2 213.4 -3.8 3471 11.0
3 217.0 -8.8 2898 11.5
4 201.9 -9.6 3443 7.7
5 207.7 -11.8 2724 10.6
6 202.5 8.5 4003 9.7
7 214.3 8.9 3784 11.2
8 212.4 5.6 2974 11.3
9 213.3 20.5 2735 13.8
10 196.7 8.1 3636 8.0
平均 209.9 3310 10.8

LST

G425フェアウェイウッド・LST 弾道測定結果
飛距離(Y) 左右ブレ(Y) スピン量(rpm) 打ち出し角(°)
1 219.7 2.2 2377 12.5
2 221.0 7.6 3212 11.3
3 209.7 15.5 3284 11.8
4 209.3 0.3 2894 10.3
5 217.8 -15.4 2493 10.5
6 212.2 -2.0 2116 12.3
7 209.8 -0.4 3321 9.7
8 208.3 7.3 3510 9.6
9 213.7 -0.7 2976 11.6
10 204.0 -7.5 1988 12.4
平均 212.6 2817 11.2

SFT

G425フェアウェイウッド・SFT 弾道測定結果
飛距離(Y) 左右ブレ(Y) スピン量(rpm) 打ち出し角(°)
1 211.4 -9.0 3926 13.5
2 208.5 -15.0 2559 14.5
3 198.6 -12.8 4164 10.6
4 205.3 -4.1 4166 13.4
5 214.0 -20.6 3544 12.7
6 219.0 -18.7 3527 12.6
7 212.3 -12.7 3553 12.6
8 203.2 -6.7 4037 12.1
9 201.5 11.2 4278 13.1
10 215.2 15.1 3862 15.1
平均 208.9 3762 13.0

レビュー

LSTの顔は良いです。性能的には捕まりきらない印象だったものの、MAXよりも右に抜けなかったです。SFTは他の2モデルよりも明らかに捕まりますし、上がります。そして、スピン量が増えます。シャフト(PING TOUR-55(S))は、しっかりしていてヘッドスピードがある程度出るゴルファーでも使える仕上がりになっているようです。

まとめ

重心位置の違いによるものなのか、LSTの食いつきが好感触でした。構えた時の顔もLSTが落ち着きます。データ的に見ても、想像以上に捕まってくれたので、筆者の場合はLSTかなといったところです。SFTは明らかに捕まりますね。ボテッとした感じや、はじく感じの打感が気にならないスライサーには良さそうです。どれにしようか迷う方はMAXを選択して問題はないでしょう。

PING G425 フェアウェイウッド
PING(ピン)G425ドライバー MAXヘッド

参考価格:37,840円(税込)