タイトリストの易しいアイアン T300アイアン 試打レビュー

タイトリスト T300アイアンのバックフェース クラブ
パットチェーンゲート バナー

中上級者でも使える易しいアイアン

タイトリストのアイアンといえば、プロや上級者向けというイメージを持っているゴルファーは、まだ少なくないでしょう。しかし、今回紹介するT300アイアンは、本格派の匂いもありつつ、タイトリストにしては寛容性のある、アベレージゴルファーも使える易しいモデルです。

タイトリスト T300アイアン

テクノロジー

新開発の高弾性ポリマーコアや高比重タングステンが内蔵されています。センターからヒールに向かって薄くなるバリアブルフェースデザインも採用。

ボールスピードなどが向上しやすくなるだけでなく、オフセンターヒットでもそれらのロスをおさえて、安定した飛距離が出せるとのこと。

ヴィジュアル

タイトリストの中では易しいモデルで、トップブレードも厚めですが、そこはタイトリスト。らしいシャープな形状ではあるようです。オフセットもありますが、「タイトリストの中ではある」といった程度で、寛容性もありつつ操作性もあります。

タイトリスト T300アイアンのバックフェース テクノロジー
タイトリスト T300アイアンの顔
タイトリスト T300アイアンのフェース

スペック

T300アイアンのスペック

試打 測定

T300アイアンを試打して測定しました。シャフトはN.S.PRO 105T。使用球はタイトリストPro V1。弾道測定器はSKYTRAK(スカイトラック)です。

タイトリスト T300アイアンのシャフト N.S PRO 105T
タイトリスト T300アイアン スカイトラック
T300アイアン 測定データ
  H/S(m/s) 打ち出し角(°) スピン量(rpm) 左右ブレ(Y) 飛距離(Y)
1 38.4 21.1 4117 -3.1 157.7
2 36.1 20.3 3869 -8.9 162.4
3 36.5 20.5 4658 -7.8 159.2
4 36.2 20.6 4807 -6.9 157.0
5 36.9 20.3 4844 -1.7 160.7
平均 36.8 20.6 4459 159.4

※左右ブレの平均は算出していません。例えば10ヤード左と10ヤード右の平均がまっすぐ、となってしまうので。

レビュー

T400アイアンと比べるとロフト角は大きいものの、ストロングロフト傾向ではあります。しかし、打ち出し角はある程度確保されそうです。7番アイアンでロフト角29度にしては高い印象です。

スピン量はやや少なめですが、飛距離を出すうえではやむを得ないでしょう。

T400アイアンほどではないですが、見た目以上にミスヒットに強いです。

バリバリのタイトリストらしいモデルは使いこなせないけれど、本格派のアイアンを使ってみたい。そんなゴルファーの要望に応えられそうなアイアンです。

タイトリスト T300アイアン
タイトリスト T300アイアンのバックフェース amazon

参考価格:103,950円(税込)

タイトリスト T400アイアン バックフェース

中空構造の飛び系 タイトリスト T400アイアン 試打レビュー