プロギア egg(エッグ) 5500 ドライバー 試打レビュー

プロギアegg5500ドライバー クラブ

プロギアから独特なコンセプトで開発されたegg(エッグ)5500ドライバーが発売されました。eggシリーズのデビューは2008年。デビュー以来革新的なデザインで話題を集めて、今回のモデルもまた話題を集めています。

ドライバーよりスプーンが話題を集めました。初代スプーンを「とにかく飛ぶ」と、プロギア契約でないツアー選手達でも多くの選手達が使っていました。

プロギアといえば、洗練されたオーソドックスなデザインのクラブを開発するメーカー、というイメージを持っているゴルファーは多いのではないでしょうか。そんなゴルファーにとっては意外なクラブだと思います。

どこのメーカーもですが、飛びにもこだわっていますね。eggとは別のRSシリーズでは以前「ギリギリ」を謳い、ルール適合ギリギリの反発係数を実現しようとして、結果、ルール不適合を世に送り出してしまったことがありました。

さて、今回のeggはどういったクラブなのでしょうか。筆者が試打をしましたので、eggの紹介と合わせてご覧ください。

プロギア egg(エッグ)5500ドライバー

最大の特徴は、重心角の大きさです。一般的なドライバーの重心角が23度であるのに対して、eggドライバーの重心角は37度です。

つまり、フェースが右を向きにくくなり、インパクトでボールをしっかり捕まえやすくなってなっています。

また、深重心でフェースプログレッション値が小さく、重心角以外にもボールを捕まえやすくする工夫がされています。「ドライバーなのにグースネック」はかなり目を引きます。

プロギアegg5500ドライバー ヘッド

プロギアegg5500ドライバー フェース

2種類のラインナップ

今回のeggはノーマルの他に「impact」モデルがラインナップされています。ノーマルとimpactで何が違うかというと、

  • ノーマルの長さは45.25インチでimapctの長さが44.25インチ
  • impactのヘッドの方が5グラム思い
  • ノーマルのバランスがバランスD1.0でimapactのバランスがD3.0

が挙げられます。

impactの方は、シャフトが短い分、ミート率が上がります。また、物理的には飛距離が落ちるのですが、ゴルファーのタイプによってはミート率が上がる分飛距離が伸びる期待も持てます。

スペック

ノーマル

プロギアegg5500ドライバー スペック

impact

プロギアegg5500impactドライバー ヘッド

プロギアegg5500impactドライバー スペック

プロギア egg 公式ページ

プロギア egg(エッグ)ドライバー 試打レビュー

M40 SRのシャフト、ロフト角11.5度のノーマルヘッドとimpactヘッドの両方を試打して比較してみました。

使用した測定器はSKYTYRAK(スカイトラック)で、ボールはブリヂストンのレンジボールです。

SKYTRAK(スカイトラック)

ブリヂストン レンジボール

ノーマル 測定データ

プロギアegg5500ドライバー 測定データ

impact 測定データ

プロギアegg5500impactドライバー 測定データ

レビュー

つかまりの良さを強調しているモデルですが、フックフェースが強いわけではなく、構えやすいです。落ち着いたデザインですね。

打感はややかためでしょうか。

ノーマルもimpactも飛距離に差はあまりありませんでした。方向性に関しても差は感じられませんでした。ノーマルの方が打ち出し角が大きくスピン量が多くなりました。

視覚的にフェースプログレッションが小さいところ(グースネック)にかなり目がいきます。どうしても右に飛んでしまうゴルファーで、特徴的なネックに違和感がないゴルファーにとっては、使えるドライバーではないでしょうか。

 

プロギア egg5500 ドライバー

プロギア egg5500ドライバー

参考価格:56,100円(税込)