キャロウェイ APEX UW 試打レビュー ツアープロ向けユーティリティー

キャロウェイ APEX UW バックフェース クラブ

キャロウェイから本科派のユーティリティーが発売されました。APEXシリーズのユーティリティーはAPEX UTがありますが、あらたにツアープロ向けのテクノロジーが搭載されたAPEX UWの登場です。

UWはフェアウェイウッドとユーティリティーを掛け合わせたクラブとして開発されました。フラッシュフェイスやジェイルブレイクテクノロジーはもちろん搭載しており、シャープな形状を好むツアープロが満足するシェイプに仕上げています。

テクノロジー

フェアウェイウッドとユーティリティーのいいとこ取り

フェアウェイウッドとユーティリティーを比較した場合、打ち出し角はフェアウェイウッドの方が高いです。スピン量もフェアウェイウッドの方が高いです。よって、上がって止まるのはフェアウェイウッドです。

ただ、ユーティリティーの方が操作性が高く、スピン量を抑えやすいため風に強いというメリットがあります。そこで今回のモデルは両方のいいとこ取りを目指しました。

ゴルフ フェアウェイウッド スイング

性能は何が違う? フェアウェイウッドとユーティリティーの特性

フラッシュフェースやJAIL BREAK テクノロジー

他のキャロウェイのウッド系クラブと同じように、フラッシュフェースを採用しています。今回のSS21は最新のフェースで、高い反発性能やスピン量最適化に威力を発揮しています。

キャロウェイ APEX UWのカオ
APEX UW のカオ
キャロウェイ APEX UWのフェース
APEX UW のフェース

スペック

キャロウェイ APEX UW スペック

試打 測定

弾道測定器スカイトラックを使用して試打測定をしました。ロフト角は17度でシャフトはDiamana 55 for CallawayのSです。使用球はタイトリストのProV1です。

キャロウェイ APEX UWとスカイトラック
APEX UW とスカイトラック
キャロウェイ APEX UW シャフト
Diamana 55 for Callaway
キャロウェイ APEX UW 測定クラブのスペック
17度は41インチ
キャロウェイ APEX UWのグリップ
グリップはイオミック
キャロウェイ APEX UW(17度) 測定データ
  H/S(m/s) 打ち出し角(°) スピン量(rpm) 左右ブレ(Y) 飛距離(Y)
1 39.7 12.3 2601 4.2 203.0
2 40.8 12.1 3645 18.3 209.8
3 40.6 11.5 2118 -18.1 200.0
4 41.5 11.9 2426 -3.1 214.2
5 41.4 12.0 3299 10.5 215.7
平均 40.8 12.0 2818 208.5

※左右ブレの平均は算出していません。5ヤード左(-5)と5ヤード右(+5)の平均がまっすぐ(0)となってしまうからです。

レビュー

とてもシャープな形状です。フィル・ミケルソンが使用する出来栄えなのも納得です。特別上がりやすいとは感じませんでしたが、スピン量はやはり抑えられそうです。ハードヒッターもふけ上がりの心配は軽減しそうです。

そして何より打感が柔らかい。高めの打音や硬めの打感が苦手な人が好むフィーリングではないでしょうか。中上級者にフィットしそうな新しいコンセプトのウッド型ユーティリティーです。

キャロウェイ APEX UW
キャロウェイ APEX UW amazon

参考価格:33,440円(税込)