性能は何が違う? フェアウェイウッドとユーティリティーの特性

ゴルフ フェアウェイウッド スイング ゴルフライフ
パットチェーンゲート バナー

それぞれに特性がある

フェアウェイウッドとユーティリティー。形が違うのは分かるけれど、性能はどう違うのか、知らないゴルファーは少なくないのではないでしょうか。「ユーティリティーはウッドとアイアンの中間」と言われていますが、具体的にそれがどういうものなのかを知っておくと、購入するクラブの選び方や、コースラウンドでの番手選択に生かせるでしょう。

フェアウェイウッドとユーティリティーの特性の違い

フェアウェイウッドはユーティリティーに比べてソール幅が広く、ヘッドの重心が深い(ヘッドの重心がフェースから離れている)です。ユーティリティーはフェアウェイウッドに比べてソール幅が狭く、ヘッドの重心が浅い(ヘッドの重心がフェース寄り)です。

それらによる特性の違いを表にしました。

フェアウェイウッドとユーティリティーの特性比較
  フェアウェイウッド ユーティリティー
ミスの寛容性 ダフリに強い ダフリにやや強い
弾道の高さ 高弾道 中弾道
スピン量 多め 少なめ
操作性 低め 高め

これら特性の違いや、クラブセッティングの注意点などについて、下記の記事でまとめられています。ご一読ください。

フェアウェイウッドとユーティリティー クラブの特性の違いとセッティングの注意点【ゴルフハウツー】(SPAIA)
目次
  • ウッド系クラブの多様化
  • フェアウェイウッドとユーティリティーの特性の違い
  • クラブセッティング
  • 練習はアイアンを中心

ウッド系クラブの多様化
最近は、ロングアイアンやミドルアイアンよりフェアウェイウッド(以下FW)やユーティリティー(以下UT)などのウッド系クラブを使用する傾向にある。ゴルフショップのアイアンセットの多くは6番や7番から販売されており、それより飛ばす番手はアイアンやFW、UTの中から単品を選んで組み合わせることになる。