3種類のソールバリエーション ブリヂストン BRM2ウェッジ 試打評価レビュー

ブリヂストンBRM2ウェッジのバックフェース クラブ
パットチェーンゲート バナー

ブリヂストンから9月9日に発売開始された、BRM2ウェッジを紹介します。ツアー選手が求めるスピン性能にこだわった、ブリヂストンらしいオーソドックスなモデルです。スピン性能向上のためのテクノロジー搭載だけでなく、ゴルファーのタイプや状況に応じるべくソールは3種類をラインナップしています。

テクノロジー

新ミーリングデザイン

ブリヂストンはタイヤメーカーですが、スタッドレスタイヤのトレッドパターンから着想したミーリングデザインを採用しています。またミーリングの本数を増やしました。

グラビティコントロールデザイン

ロフト角によってフェースの厚みを持たせる部分を変えています。それにより、アイアンセットからの流れを損なわず、そのロフト角に求める弾道を得やすくなります。

ロフト別ソール形状

F:フラットソール

バウンス効果が高く、フルショットの抜けを追求しています。

M:マルチソール

フェースを開きやすく、多彩なアプローチを打ちやすくしました。

A:オールラウンドソール

フェースの開きやすさと、バウンス効果を両立させました。

ヴィジュアル

ブリヂストンBRM2ウェッジのヘッド
シャープなカオ
ブリヂストンBRM2ウェッジのフェース
新ミーリングデザイン
ブリヂストンBRM2ウェッジのソール
オールラウンドソール

スペック

ブリヂストン BRM2ウェッジ スペック

試打 測定

BRM2ウェッジを試打測定しました。使用した弾道測定器はスカイトラックで使用球はタイトリストのProV1です。クラブのロフト角は58度(A、バウンス角12度)、シャフトはモーダスツアー120(S)です。

ブリヂストンBRM2ウェッジとスカイトラック
スカイトラックとProV1
ブリヂストンBRM2ウェッジのシャフト
モーダスツアー120(S)
ブリヂストンBRM2ウェッジのグリップ
グリップはゴルフプライド
ブリヂストン BRM2ウェッジ 測定データ
  H/S(m/s) 打ち出し角(°) スピン量(rpm) 左右ブレ(Y) 飛距離(Y)
1 27.7 34.6 8934 -3.0 82.6
2 29.0 31.7 9722 0.0 75.5
3 27.2 32.5 9554 -3.7 81.5
4 27.7 32.9 9841 -0.3 83.6
5 29.8 34.6 8840 0.5 77.6
平均 28.3 33.3 9378 80.2

※左右ブレの平均は算出していません。例えば、-5ヤード(5ヤード左)と+5ヤード(5ヤード右)の平均がまっすぐ(0)となってしまうので。

レビュー

癖のないシャープなカオをしています。絶妙にソールが削られてあり、天然芝の上からフェースを開いて使えそうです。うたい文句通りにスピンはしっかり入ります。平均が9378rpmと申し分ありません。バンカーショットが苦手な人は、バウンス角が大きいA(オールラウンド)ソールを選択すると良いでしょう。

ブリヂストン BRM2ウェッジ
ブリヂストン BRM2ウェッジ アマゾン

参考価格:17,600円(税込)