ポイントは右肩!? インパクトでフェースの向きをスクエアにする方法

ダウンスイング ダウンスイング
パットチェーンゲート バナー

右肩を下げ過ぎない

ダウンスイングでは体幹の側屈(体幹の右側が収縮、左側が伸展)が必要ですが、体幹が固まり、背骨が右に傾いてしまうと、右肩が下がり過ぎてしまいます。右肩が下がりすぎてしまうと、インパクト前後で手元が浮き、ヘッドが下がり、ダフリやすくなります。それを回避しようとするとトップします。うまくボールをとらえられたとしても、基本的にはプッシュスライスで、それを嫌がると無理にフェースを返してしまい強いフックボール(チーピン)になります。

右肩が下がらなければ、自然にクラブヘッドをリリースしやすくなります。インパクトからフォロースルーで左右の手が入れ替わりやすくなるのです。

桂川有人のスイング

今季の男子ツアーでは、日本大学出身で23歳の桂川有人選手の成長が著しいです。ISPS HANDA 欧州・日本、とりあえず今年は日本トーナメント!で、ツアー初優勝を挙げ、その他の試合でも、度々優勝争いに加わっています。

桂川選手の好成績はショットの精度が支えています。パーオン率、トータルドライビング、ともに1位です。ドライバーショットでは、飛距離と方向を両立させて、高い確率でパーオンに成功しています。

以下の記事では、桂川選手のスイングを絡めながら、ダウンスイングの右肩の高さについて述べています。ご一読ください。

インパクトでフェースの向きが安定するスイングのポイント【ゴルフハウツー】(SPAIA)
目次
  • インパクトでフェースはターゲット方向
  • ダウンスイングで右肩が下がりすぎないようにする
  • 日本一のショットメーカー桂川有人
  • 右腕の力を使い過ぎないように注意

インパクトでフェースはターゲット方向
狙い通りの方向にボールを飛ばすためには、インパクトでフェースが目標に対してスクエアである必要がある。ドローやフェードなど球を曲げて目標を狙う場合なら、完璧なスクエアが理想にはならないが、基準はスクエアとして問題ないだろう。