バックスイングの上げ方 ふところを作ってダウンスイングを適正にするポイント

バックスイング テークバック

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

より良いダウンスイングのためには、より良いバックスイングが必要です。そのバックスイングのポイントにはどのようなポイントが挙げられるでしょうか。キーワードは「引っ張り合い」と「ふところ」です。

体とクラブで腕を引っ張り合い、ふところを広くすることで、クラブヘッドやグリップが理想的な軌道になりやすくなります。

バックスイングの腕の形

バックスイングでは、右腕も左腕も長さがアドレス時とあまり変わらないようにしましょう。右腕の曲がりを抑えっれると両腕の長さのバランスが良くなりやすいです。右ひじの内角は鈍角(90度以上)が目安になります。そうすることで、ふところが広くなります。人によってはクラブを上げにくく感じますが、体の回し方を工夫したり、小さくなるトップオブスイングを受け入れることでより良いスイングに近づきます。

多くのゴルファーは左腕は伸ばそうとするものの、右腕は縮ませてしまっています。「バックスイングで右脇をしめる」という風潮の強さが影響しているかもしれません。

バックスイング
ふところが有るバックスイング
バックスイング
ふところがな無いバックスイング

バックスイングの体の動き

バックスイングでは体を右に回します(右打ちの場合)。そして、クラブが右に動きます。この時、クラブの勢いや重さに持っていかれないようにすることで、ふところが広くなります。体を適度に左にズラす力を使いながら回転させましょう。

テークバック
クラブと体の引っ張り合いのイメージ

ダウンスイングのつながり

ダウンスイングでは、グリップは手と体を遠くして適度に遠回りをすることが求められます。そのため、バックスイングでもバックスイングでもふところを作る必要があるのです。ふところが狭いバックスイングから、手と体を遠くするダウンスイングをしようとすると、クラブヘッドが早く降りしてしまうアーリーリリースになりやすくなりるので注意が必要です。

グリップ軌道とヘッド軌道
左の丸みが大きいグリップ軌道がGOOD