伸ばすのはどちらの腕? バックスイングでポイントになる腕の使い方

ゴルフ テークバック トップオブスイング テークバック
パットチェーンゲート バナー

右腕の長さを変えない

バックスイングでは左腕を伸ばすことに注力しているゴルファーが多いかもしれませんが、右腕に着目することもポイントに挙げられます。右腕の長さを変えずにバックスイングをすることで、体、腕、クラブが調和した動きになりやすくなります。

右腕を“伸ばす”ではなく、“長さを変えない”としているのは過度な力みを生まないため。右ひじがリラックスしたアドレスの状態を維持したままバックスイングするためです。

アドレスの状態を維持、とはいっても、これはイメージの問題で実際は曲がります。極力右ひじの曲がりを抑えて内角を鈍角にすることがポイントになります。

体の柔軟性次第

右腕の長さを変えずにバックスイングすると、右腕がつっかえ棒のようになり、クラブを上げにくくなるかもしれません。ですが、これが結果的に体と腕とクラブが調和する好循環を生みます。体の回転でクラブを上げていくことにつながるのです。体でクラブを上げざるを得ない、という方が合っているかもしれません。

以下の記事では右腕の長さを変えずにバックスイングすることについて、女子プロゴルフ界のニューヒロイン、川崎春花選手のスイングを例にして解説しています。ご一読ください。

バックスイングで腕とクラブを調和させるためのポイント【ゴルフハウツー】(SPAIA)
目次
  • 正確性が向上するバックスイング
  • 右腕の長さを変えない
  • 体の柔軟性次第でトップの大きさが決まる
  • 川崎春花のスイング

正確性が向上するバックスイング
ショットの正確性を向上させるためには、バックスイングで体と腕の動きをより調和させられると良い。アドレス時の腕とクラブの一体感を保ち、体の回転を主にバックスイングすることで、下半身、上半身、腕が連動したスムーズなダウンスイングがしやすくなる。