左足下がりの傾斜地からダフリやトップを回避するためのポイント

ゴルフ場の左足下がり コースラウンド
パットチェーンゲート バナー

80%のショットが平均斜度5度以下の傾斜地から

普段行く練習場はフラットですが、コースラウンドでは、練習場のようなフラットなライからショットすることは案外少ないものです。傾斜地からショットすることが多く、80%のショットが平均斜度5度以下からのショット、という研究結果が発表されています。

傾斜地は大きく分けて4種類あります。左足上がり、左足下がり、つま先上がり、つま先下がりです。それぞれが注意点が異なります

ゴルフ場の左足下がり

傾斜地からのショット

左足下がりは最も難しい傾斜

多くのゴルファーが最も難しい傾斜は、左足下がりではないでしょうか。ボールの右側の地面が高くなるため、下からすくい上げたり、手首をこねる動きがインパクトで入ると、ミスヒットしやすくなります。フラットからは大きなミスにならないスイングエラーも、左足下がりからでは、ミスに直結します。

左足下がりのショットについて以下の記事で解説しています。ご一読ください。

左足下がりの傾斜地からのショットで注意するべきポイント【ゴルフハウツー】(SPAIA)
目次
  • コースラウンドでは80%以上が傾斜地
  • フィニッシュをコンパクトにする
  • 西郷真央が傾斜地からチップインイーグル
  • 右に飛びやすい

コースラウンドでは80%以上が傾斜地
コースラウンドでは完全にフラットなところからショットすることは少ない。80%以上の確率で平均斜度5度以上の地点からのショットになる、という研究結果も発表されていたりする。