風が吹いている時の対処方法

ゴルフコース コースラウンド

ゴルフは自然との戦いです。ゴルフ場は風が吹いています。向かい風、追い風、左から右への風、右から左への風、そしてその強さ、様々です。この風の存在は気にし過ぎは良くありませんが、ショットを成功させるためにも、今後の練習の取り組みためにも、風を正しく読み、対処していく必要があります。

下記の記事でまとめてありますのでご覧ください。

【ゴルフ】風が吹いている時はシンプルに対処するのが一番(SPAIA)

まず、風を読む方法としては樹木の葉や枝のたなびき方を見たり、地面から芝を少しちぎって宙に舞わせて、芝が流れる方向や速さを見る方法が挙げられます。

そして、風が吹いている方向や強さを読み定めたら、できる限りシンプルにグリーンを攻めていくことをおすすめします。向かい風であれば番手を上げて、追い風であれば番手を下げる。左から右に風が吹いていたら左に、右から左に吹いていたら右に向きをとる。

特に向かい風の時は、ツアー選手のようにハンドファーストダウンブローの度合いを強める、パンチショットで、低弾道の風の影響を受けないショットを打てると良いですが、リスクをともなうため安易に採用しない方が良いでしょう。決まればかっこいいショットなのでつい手を出したくなる気持ちが生じますが、番手を上げて普段通りのショットを打つことをおすすめします。

左右の風が強いとき、状況によってはバンカーや池に向かって構えをとる必要が出てきます。こういう場合、反射的に池やバンカーを避けて、フェアウェイ方向に意識がいきやすくなります。池やバンカー方向に飛ばすことに集中してスイングしましょう。正しく向きをとることができても、意識がフェアウェイに強くあっては普段通りのスイングは難しくなります。

風が吹いている時でも普段通りのスイングを心がけましょう。

【ゴルフ】風が吹いている時はシンプルに対処するのが一番(SPAIA)

Let’s Enjoy Golf!