傾斜地からのショット

ゴルフ場の左足下がり コースラウンド

ゴルフ練習場は平らです。練習を重ねて練習場ではうまく打てるようになったとしても、コースラウンドではほとんどのショットを傾斜地から打つことになるので練習場のように打てないことがあります。傾斜地には大きく分けて、つま先上がり、つま先下がり、左足上がり、左足下がりがあります。また、つま先下がりかつ左足下がり、などの複合傾斜もあります。

ひとそれぞれ苦にしない傾斜の種類と、苦手な傾斜の種類があります。まずは、基準となる考え方を整理しておくことで、どの傾斜でもある程度対応できるようになってきます。

基準となる考え方を持たずに「つま先上がりは体重を~して~」などという情報をそのまま実践しないようにしましょう。仮にうまくいくことがあったとしてもきっとそれが安定することはありません。

基準となる考え方については下記の記事でまとめられていますのでご覧ください。

傾斜地からのショットについて(SPAIA)

上記の記事でもありますが、傾斜地からのスイングでは体幹の回旋に制限がかかります。傾斜の種類によって、バックスイングで制限がかかる場合とフォロースルーで制限がかかる場合と両方ありますが、どの傾斜でも無理して大きくスイングしようとせずに「傾斜が強くなるほどコンパクトになることを受け入れる」ことは重要です。

傾斜地での対処方法が見えてくるとどんなコースでも攻めやすくなります。

Let’s Enjoy Golf!