緊張する朝イチのティーショットでのミスを防止する対策

ゴルフ アドレス コースラウンド
パットチェーンゲート バナー

ツアー選手でも緊張する朝イチ

ゴルファーなら誰でも朝イチのティーショットは緊張します。ツアー選手でも緊張するものです。そして、その緊張感に負けて、大きなミスをした経験があるゴルファーは多いでしょう。

ゴルフにミスは付き物ではあるものの、特に朝イチのティーショットでは大きなミスは避けたいもの。朝イチでいきなりOBでは、その日のラウンドで終始そのミスを引きずってしまい、思うようなプレーをしにくくなります。OBのミスを挽回しようとあせり、余計にミスを連発してしまう、ということも起こりえます。

ミス防止策

朝イチのティーショットでは、良いショットを打つこと以上に大きなミスを抑えることを大事にする必要があります。リスク回避が最優先とするべきなのです。

そのために朝イチのティーショットで採用を検討したいミス防止策があります。アドレスなどをひと工夫することで、無難な朝イチのショットになりやすくなります。その防止策について、下記の記事で解説されていますので、ご一読下さい。

朝イチのティーショットで好発進を 3つのミス防止策【ゴルフハウツー】(SPAIA)
目次
  • 朝イチはプロでも緊張
  • 通常よりスタンス幅を狭くする
  • 通常よりもティーアップを高くする
  • アイアンで打つ

朝イチはプロでも緊張
ゴルファーなら誰でも朝イチのショットは緊張するのではないだろうか。スムーズにスイングできずに、大きなミスショットを経験したことがあるゴルファーは多いだろう。朝イチのティーショットはツアー選手でも緊張するもの。緊張する中でもミスを防ぐ対策をとりたい。今回は朝イチのティーショットで誰でも簡単にとれる対策を3つ紹介する。