アドレスで変わるパッティングストローク ボールの位置がヘッド軌道に与える影響

パット パッティング

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

ボールの位置は左目の下が基準

パット時のボール位置の基準は左目の下です。ボール位置が適当でも、頭の位置を前後左右に動かせば、左目の下にボールをセットすることができますが、頭は両足間のセンターで、重心が前後左右偏りなくアドレスした上で左目の下、となります。

基準が絶対ではありませんが、基準から大きく外れない方が、スムーズにストロークしやすく打点やヘッド軌道が安定しやすくなります。

ボール位置別ヘッド軌道

体から遠い場合

ボール位置が体から遠い場合、ヘッドのトゥ側が上がり、過度なイントゥインの軌道になりやすくなります。

体に近い場合

ボール位置が体に近い場合、ヘッドのトゥ側が下がり、アウトトゥアウトの軌道になりやすくなります。

パット トゥアップ
トゥが上がった状態
パット トゥダウン
トゥが下がった状態

左寄りの場合

ボール位置が左寄りの場合、手元よりヘッドが先行したハンドレイトのインパクトで過度なアッパーブローになりやすくなります。

右寄りの場合

ボール位置が右寄りの場合、過度なダウンブローになりやすくなります。

パット ハンドレイト
ハンドレイトでアッパーブロー
パット ハンドファースト
ハンドファーストでダウンブロー

パッティング指導の最前線 大本研太郎 著「重心パッティングのススメ」

練習器具を使ってチェック

ボールの位置はパティングミラーという練習器具でチェックすることができます。これはプロも使用しています。一般のゴルファーもコースのパッティンググリーンで使用するのがベストですが、他のプレーヤーも練習している中で、なかなかこういった練習器具を使うことに気おくれすることもあるでしょう。その場合は、自宅でのパット練習でボール位置を確認すると良いでしょう。

パッティングミラー EYE LINE ELG-MS13
ゴルフ パッティングミラー

参考価格:4,320円(税込)

パッティングミラー アイライン

パッティング名人のチェックポイントを知る!パッティングミラー