パッティングは「打つ」前にまずは「読む 」グリーン上のラインの読み方

ゴルフのパッティング パッティング

「パットイズマネー」という格言が見直されているとはいえ、パッティングが重要なのは承知の通りです。ゴルフ初心者さんは、ロングパットの距離を合わせることが難しいゴルファーが多いのではないでしょうか。中上級者になってくると、1.5メートルほどの短めのパットを決められる確率が上がらないと嘆いているゴルファーが多いのではないでしょうか。

こういった場合、「打ち方」に意識が行きがちですが、まずはラインの「読み方」が重要です。

パッティングで最優先は「読み方」

パッティングではまずは正しく読むことが重要になります。正しく読めていないで、結果が良くてもそれはまぐれで、偶然の産物です。間違った読みでカップインすることがあるとすれば、それは打ち方も間違っていたことになります。

パッティングレッスンの第一人者である大本研太郎コーチの書籍「重心パッティングのススメ」では下記の通り書かれています。

読み→エイミング(狙い)→距離感→方向性と、ひとつづつクリアにしながら、やるべきことを行っていきます。

情報をクリアにして、それから狙いを定めます。その時点で、距離感に集中する準備は出来ているわけです。パッティングで一番良くないのは、自分のやることが整理できてなく、傾斜や方向、距離感などが混乱したまま打ってしまうことです。

やはり、「読み方」は重要ですね。

パッティング指導の最前線 大本研太郎 著「重心パッティングのススメ」

できるだけ遠くから読む

多くのゴルファーは、グリーン上にあるボール位置のところにきてから「さぁどういうラインかな」と、ラインを読み始めているのではないでしょうか。

読み始めるのがこのタイミングでは遅いです。ボールがグリーンに乗った時点で大まかなラインは読み始めましょう。グリーンは基本的には手前から奥に上っているので、ピンに対してどこにボールが乗ったかが分かれば、ある程度予測することができます。

また、グリーンに向かって歩きながらグリーンの傾斜を把握しましょう。遠くから傾斜を読んだ方が、錯覚せずに読みやすくなります。山は登っている時よりも、遠くから眺めていると時の方が傾斜の度合いがよく分かります。それと同じです。

まとめ

グリーンを正しく読めていないと、結果に対してのフィードバックが正しくできません。狙いよりもオーバーした時に、強く打っていないのに強く打ってしまったと感じてしまったり、構えた方向に打ち出せずにカップインした場合、うまく打てたと感じてしまったりしやすくなります。それは、その後のパッティングの取り組みを間違った方向に行かせることにつながります。「打ち方」の前に「読み方」について知っておきましょう。

下記の記事で、ラインの読み方についてまとめられています。ご覧ください。

パット数を減らすグリーン上のラインの読み方【ゴルフハウツー】(SPAIA)

パッティング関連の記事はこちら