カップに入れることより大切なことがある 自宅でできるパター練習

ゴルフ パター パッティング

「パターマットはあるけれど使わなくなってしまった」そんなゴルファーは多いのではないでしょうか。スコアに直結するだけでなく、スイングにつながる部分もあるので自宅でのパター練習はおすすめです。パターマットが押し入れに眠っている方はひっぱり出して練習しましょう。

しかし、練習するとはいってもただボールを転がしてカップに入れれば良いというわけではありません。テーマを持って、正しい取り組みをする必要があります。カップがあるタイプのものを持っている人が多いと思いますが、そのタイプのパターマットを使う場合は、ボールをカップに入れることを目的にしない方が良いでしょう。より内容の方に目を向けた取り組みが理想的です。

例えば、リズムとテンポについて探る、ボールの位置を一定にする、などパターでもチェックポイントは多くあります。

パターマットを持っていない人は購入しなくてもカーペットの上でも良いです。購入するのであれば、カップが無いフラットなタイプのものが良いでしょう(カップがついているタイプのものはカップ手前が坂になっています)。

自宅でのパター練習方法については下記の記事でまとめられていますので、ご覧ください。

自宅でできるゴルフ練習 パッティング練習は体幹とストロークを意識(SPAIA)