フェースの向きをスクエアに インパクトボールライナー

ゴルフ パター 練習器具

決めた狙いに対してスクエアに構える為の工夫として「ゴルフボールにラインを書く」という事が効果的です。書いたラインに対してスクエアに構えると、狙うポイントに対してスクエアに構えている事になります。自力で、フェースの向きを狙っているポイントに向け、体の向きをそれに合うようにスクエアにする事は以外に難しいのです。

例えば3ヤードのパットでカップインを狙う場合、打ち出す方向に対してのインパクト時のフェースの向きのズレの許容範囲は『±0.5度以内』です。この範囲外になると、ラインの読みが合っているとしても入りにくくなります(逆にラインの読みが間違うと入ることもあります)。

よって、アドレス時にいかに決めた狙いに対してスクエアにフェースを向けるかがとても重要になります。これができないと、パッティングで因果関係を明確にし、パット数を減らせるスキルアップが難しくなります。

「パットはショット以上に水もの」とよく言われますが、良い時と悪い時の差を小さくする事は可能です。その為には「精度の高いフェース向きののセットアップ」はマストなのです。

また、パッティングでは、左右の曲がり、つまりラインに気を取られがちですが、距離感に集中するべきです。アドレス時のフェースの向きの不安を無くすことで、距離感に集中できます。

ボールにラインを書ける インパクトボールライナー

ボールにラインを書くことができるグッズがあります。その内の1つが朝日ゴルフ用品の「インパクトボールライナー」です。

最近販売されているボールのほとんどは、この「線」をイメージできるようなラインが書かれていますが、そのラインは線として活用できないことがあります。その場合は、グッズを使ってマジックで太めの線をボールに引くと、安心してフェースの向きを決めることができます。

是非、活用してみてください。

使用する場合は、プレー前日までに使用するボールに線を書いてください。ゴルフ場についてからは、パッティング練習をしましょう。ボールに線を書いている時間がもったいないです。

ゴルフのパッティング

パッティング名人のチェックポイントを知る!パッティングミラー

インパクトボールライナー

ゴルフボールライナー

参考価格:880円(税込)