胴体と腕の同調性を高める練習器具『シンプルマスター』『スムーススイング』

ゴルフ 練習器具 練習器具

ゴルフショップの練習器具コーナーに行くと様々な練習器具があります。その中には、胴体と肘幅を維持して胴体と腕の同調性を高めるものがあります。『体幹主動でのスイング』『脱手打ち』を目指す練習器具です。

ゴルフスイング

スイングバランスの為だけでなく、ケガをしない為に『体幹主動』は不可欠!

今回は『シンプルマスターCB』『スムーズスイング』という2つの、胴体と肘幅を維持する動きの獲得を狙った練習と、練習器具の紹介をしたいと思います。

腕でボールを挟む『シンプルマスター CB』

シンプルマスターCB
ゴルフ シンプルマスターCB

両腕でボールを挟むことで、腕と胴体が同調した動きを覚えるための練習器具です。

両腕の力を内側に向けて使うものです。両腕を内側に閉めて、肘幅を狭くする力を使って腕の動きを制御します。

片山晋呉プロが愛用していることでも知られています。

マジックテープで左腕に固定できるようになった『ツアーバージョン』もあります。

シンプルマスターCB ツアーバージョン
ゴルフ シンプルマスターCB ツアーバージョン

腕をバンドでしばる『スムーススイング』

スムーススイング
ゴルフ スムーズスイング

両腕をバンドでしばることで腕の動きを抑え、腕と胴体が同調した動きを覚えるための練習器具です。

両腕の力を外側に向けて使うものです。両腕を外側に開けて、肘幅を広くする力を使って腕の動きを制御します。

シンプルマスターだけでなくこちらもを見たことがある人は多いのではないでしょうか。

それぞれ『合う人』『合わない人』がいる

上記で紹介した2つの練習法と練習器具は、それぞれ『合う人』と『合わない人』がいます。どちらかが合っていて、どちらかが合っていない、ということです。

それぞれのところで記したように、力の使う方向が『内側』と『外側』で、まったく違うからです。

見極める方法は、棒状のものを横にして手で引っ張りながら(外向きに力を使いながら)横にゆすってみた時と、棒状のものを横にして手で挟んで(内向きに力を使いながら)横にゆすってみた時と、どちらが『腕と胴体の同調感』を感じられるか、である程度判断できると思います。

ゴルフ 練習器具

4スタンス理論で見極める自分に合った腕装着型の練習器具

あくまで『体幹主動』を覚えるもの

両方とも、腕につけるものなので腕に意識がいきやすいですが、腕に意識がいくと腕を力ませやすくなってしまうので『腕の動きを制御することで体幹主動を促進』が真の目的とし、体幹(胴体)の意識を高めていきましょう。

練習器具を使うときは、しっかりとそれを使うことの意味を理解した上で使いましょう。

シンプルマスターCB
ゴルフ シンプルマスターCB

参考価格:1,560円(税込)

シンプルマスターCB ツアーバージョン
ゴルフ シンプルマスターCB ツアーバージョン

参考価格:2,260円(税込)

スムーススイング
ゴルフ スムーズスイング

参考価格:1,200円(税込)