ハイリスクなショット ロブショットの打ち方と注意点

アプローチショット ラフ アプローチ

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

高く上げて止める ロブショット

バンカーを越えてピンまで距離があまりない状況や、グリーンに乗ってからのラインがきつめの下りの状況であっても、ピンに寄せることを狙う場合、ロブショットが必要になります。ロブショットとは、ふわりと高く上げて、グリーンにキャリーしてからのランを抑えるショットのことです。

ロブショットはリスクが大きい

ロブショットを狙って、狙い通り決めることができると、ピンチを脱出することができてスコアメイクにつながります。ただ、とてもリスクが高いショットです。ミスヒットすると、ノーマルなピッチエンドランでミスした場合よりも大きなミスになります。トップすると大オーバーになり、ダフるとだるま落としのようになりまったくボールが飛びません。

ゴルフ場 リバーサイドフェニックス

3種類のアプローチ それぞれにメリットとデメリットがある

自信を持ってロブショットに臨めるようになるまではハイリスクローリターンのショットと言えます。ロブショットの扱い方について下記の記事でまとめられていますのでご一読ください。

ふわりと高く上げてピタッと止める ロブショットの打ち方と注意点【ゴルフハウツー】(SPAIA)
目次
  • グリーンに落ちてからランを抑える必要がある状況
  • フェースを開いてボールの少し手前からソールをすべらせる
  • ロブショットに適したソールデザインか
  • ピッチエンドランの精度は高いか

グリーンに落ちてからランを抑える必要がある状況
「バンカーを越えて距離が無いところにピンがきってある」「グリーンの入口からピンに向かっての下りが強い」「ボールが沈んだラフからでスピンがかからない」などといった状況でボールをピンに寄せるためには、ウェッジを使いボールをふわりと高く打ち上げ、キャリーしてからのラン(転がり)を抑える必要がある。