4戦連続予選通過 渋野日向子選手が米ツアー6試合転戦で得た課題と自信とは

USLPGAロゴ 女子

渋野日向子選手は、8月から10月の約2か月間で6試合、米ツアーを転戦しました。初戦のスコットランド女子オープンと昨年優勝した全英女子オープンでは予選落ちでしたが、その後の4試合は予選通過と、徐々に調子が上向いてきました。

近い将来、米ツアー本格参戦を目指す渋野選手にとっては、飛距離を含めたドライバーの精度など、米ツアーで通用している部分を確認できたと同時に、ショートゲームなど克服しなければいけない課題を突き付けられた2か月間となったようです。米ツアー6連戦の最終戦で、渋野選手が「米ツアー転戦の集大成」として臨んだ全米女子プロで、上位に食い込んだ選手が飛距離よりもグリーンを狙うショットの精度で勝負していたことも、色々と考えさせられているようです。

三菱電機レディスが日本ツアー復帰初戦となった渋野選手は、初日にホールインワンを達成しながらも予選落ちとなりました。今季出場を予定している日本ツアー残り3戦に期待したいところです。

三菱電機レディスで優勝したミレニアム世代の西村優菜選手のスイングは下記記事をご覧ください。

JLPGA 日本女子プロゴルフ協会ロゴ

ミレニアム世代の西村優菜選手のスイング

渋野選手が米ツアー6試合の転戦で得た課題と自信について下記記事でまとめられていますのでご覧ください。

渋野日向子が米ツアー転戦で得た課題と自信(SPAIA)