ミレニアム世代の西村優菜選手のスイング

JLPGA 日本女子プロゴルフ協会ロゴ 女子

身長150センチと小さい体ではありながら完成度が高いスイングを武器に、日本女子プロゴルフ選手権では3日修了時点ではトップに立ち、優勝争いをリードしていた西村優菜選手。最終日はバーディーをとることができずに7位タイとなりましたが、今後に期待を持てる内容だったのではないでしょうか。本日最終日だったデサントレディース東海クラシックでも21位タイで、安定感を獲得しつつあります。

西村選手の躍進を支えるのは欠点らしい欠点が無いバランスが良いスイングです。今回は西村選手のスイングをアドレスからフィニッシュまで解説していきます。教科書通りといっても過言ではないぐらいのスイングをしているので、参考にしてみてください。

アドレス

西村優菜アドレス正面

出典:ALBA

西村優菜アドレス後方

出典:ALBA

グリップもポスチャーもオーソドックスです。スクエアグリップ、グリップ位置が左内もも前、ボール位置は左かかと内側の延長線上(ドライバー)、左右偏りない体重配分、前後偏りない足裏全体への体重配分。教科書通りのアドレスです。

テークバック

西村優菜テークバック正面

出典:ALBA

西村優菜テークバック後方

出典:ALBA

手上げ感があり、前腕のローリングが少し入る始動です。シャフトが地面と平行の時に、クラブフェースの向きが正面を向いています。シャフトが地面と平行になった時の現代のスタンダードは、フェースの向きは背骨と平行、とされています。

ハーフウェイバック

西村優菜ハーフウェイバック正面

出典:ALBA

西村優菜ハーフウェイバック後方

出典:ALBA

スイングプレーンを綺麗に通ってクラブが上がっています。スイングプレーンを意識して作り上げてきたスイングであることがうかがえます。

トップオブスイング

西村優菜トップオブスイング正面

出典:ALBA

西村優菜トップオブスイング後方

出典:ALBA

オーバースイングという見方ができなくもないぐらい大きなトップオブスイングですが、フェースの向きは左腕のラインとそろっていてスクエアです。

体幹のバランスがくずれていなので、このぐらいの大きさでも問題ないのではないでしょうか。

切り返し①

西村優菜切り返し①正面

出典:ALBA

西村優菜切り返し①後方

出典:ALBA

切り返し②

西村優菜切り返し②正面

出典:ALBA

西村優菜スイング切り返し②後方

出典:ALBA

下半身から切り返しながらも、上体の開きを抑える意識がうかがえる切り返しです。

ハーフウェイダウン

西村優菜スイング ハーフウェイダウン正面

出典:ALBA

西村優菜スイングハーフウェイダウン後方

出典:ALBA

右膝が内側に入り込み、下半身先行度合いが強いですが、女性の方が右膝が内側に入り込みやすいので問題ないでしょう。

インパクト前

西村優菜スイング インパクト前正面

出典:ALBA

西村優菜スイング インパクト前後方

出典:ALBA

右肘が曲がったままわき腹についてついています。インパクトからフォロースルーでボールを押し込んでいける状態です。

インパクト

西村優菜スイング インパクト正面

出典:ALBA

西村優菜スイング インパクト後方

出典:ALBA

下半身先行度合いが強いのですが、右脚を少し伸展させることで下半身や体幹、手元の動きにブレーキをかけ、フェースの返り遅れを防いでいます。この時もまだ右肘が曲がっているのが特徴的です。

フォロースルー①

西村優菜スイングフォロースルー正面①

出典:ALBA

西村優菜スイングフォロースルー①後方

出典:ALBA

右肘にはまだゆとりを持たせながら、左前腕を回旋させています。前傾角度がしっかりと維持されたフォロースルーです。

フォロースルー②

西村優菜スイング フォロースルー②後方

出典:ALBA

西村優菜スイングフォロースルー②後方

出典:ALBA

フェースが真下を向くように返しています。持ち球がドローボールのようで、その表れとも言えそうです。

フィニッシュ

西村優菜スイング フィニッシュ正面

出典:ALBA

西村優菜スイング フィニッシュ

出典:ALBA

フィニッシュまで前傾角度が維持されたバランスの良いフィニッシュです。

まとめ

体が小さいことで「正確性で勝負するしかない」という意志がうかがえるスイングです。機械のように正確なショットを目指しているのではないでしょうか。美しいスイングから繰り出される精度の高いショットというストロングポイントを活かして、大きく飛躍していってもらいたいですね。