【女子ゴルフ】シード獲得者とシード喪失者

LPGA 日本女子プロゴルフ協会 女子
パットチェーンゲート バナー

毎年ある選手の入れ替わり

毎年シーズン終盤戦になると、賞金女王争いが白熱しますが、シード争いも佳境を迎えます。今年もボーダーライン前後で多くの選手がひしめきあっていたため、多くの選手がどうなるか分からない状況で、シード争いが決着するエリエールレディスを迎えました。

シード獲得者 シード喪失者

最終戦のツアーチャンピオンシップリコーカップは、今季の優勝者や賞金ランキング上位者などが出場するため、多くの選手はエリエールレディスが今季最終戦となります。

初めてシードを獲得した選手は4年連続で増加し14名でした。一方で、河本結選手や新垣比菜選手、松田鈴英選手などがシード喪失。昨季(2019)は、「これからの女子ゴルフ界を担う可能性がある若手」と評されていた選手でもシードを喪失する場合があるのが、ハイレベルな今の女子ゴルフ界です。

また、シード喪失者の中には実績を残してきた選手も多く含まれています。2年連続賞金女王のイ・ボミ選手や、2017年と2018年の賞金ランキング4位のキム・ハヌル選手、2014年と2018年の賞金ランキング5位の成田美寿々選手もシードを喪失しました。

2021年日本女子プロゴルフ協会 シード選手
出典:日本女子プロゴルフ協会

圏外から圏内へ 圏内から圏外へ

昨季2勝をあげ、賞金ランキング11位となった柏原明日架選手は今季調子が上がらずにシード圏外でした。しかし、エリエールレディスで優勝争いに加わり2位タイでフィニッシュし、すべりこみでシードを獲得しました。

一方で、黄金世代の淺井咲希選手はシード圏内から、圏外へはじき出される格好となりました。下記の記事ではシード争いに関して書かれています。ご一読ください。

【女子ゴルフ】シード争い決着 晩秋の愛媛であった安堵と落胆(SPAIA)
目次
  • シード権争い決着
  • 今年もあったドラマ
  • 来季に向けた戦い

シード権争い決着
今季最終戦、ツアーチャンピオンシップリコーカップが11月25~26日に行われ、三ヶ島かなが通算11アンダーでツアー初優勝。これで今季の日本女子ゴルフツアーは全日程を終えた。
そんな中、今年も注目を集めたのがシード争い。毎年、多くのシード選手が初シード入りする一方で、実績ある選手がシード落ちしている。11月18日から21日に開催されたエリエールレディスでは、シードをかけた戦いがエンディングを迎える舞台となり、例年同様、ドラマが起こった。