東京オリンピック日本代表へ向けて 黄金世代の河本結選手がアメリカツアー挑戦を発表

LPGA 日本女子プロゴルフ協会 女子

今シーズン、アクサレディースで初優勝をあげた黄金世代の河本結選手が、アメリカツアー挑戦を発表しました。かねてから、周囲ではアメリカツアー挑戦の意欲を語っており、「いつかは」と思っていたようですが、東京オリンピック2020で日本女子代表への思いが、このタイミングでの挑戦を後押ししたようです。

黄金世代の河本結が米ツアー挑戦 夢の東京五輪日本代表入りを目指す(SPAIA)

アメリカのツアーは好成績をあげると日本よりも高いポイント

東京オリンピックの各国の代表は、2020年6月30日時点での世界ランキングを基に算出されるオリンピックゴルフランキングで決まります。

東京オリンピック代表資格
  • オリンピックゴルフランキング15位までの選手で各国最大4名
  • 16位以下については、1か国2名(15位以内の有資格者も含む)まで

2019年10月14日現在、河本選手は世界ランキング60位で日本代表候補ランキングは6位です。現状のままでは、日本代表候補入りは厳しい状況です。

よって、活躍次第では世界ランキングに反映されるポイントが日本より高く、もともと挑戦意欲があったアメリカツアーへの挑戦をこののタイミングで決断しました。

10月23日からツアー最終予選会

日本では10月24日に日本初開催のUSPGAツアーZOZOチャンピオンシップが開幕します。

そして、日本から遠く離れたアメリカで、河本選手は10月23日からの8日間にも及ぶ長丁場のツアー最終予選会を戦います。ここで45位タイまでに入れば、2020年の出場権を獲得することができます。

東京オリンピック ゴルフ女子日本代表が黄金世代3名に!?

先述したように、河本選手の日本代表入りは遠い状況です。しかし、最終予選会を突破し、2020年前半のアメリカツアーで活躍することができると、日本代表入りが現実味を帯びてきます。

現状のままの場合、ゴルフ女子日本代表は畑岡奈紗選手と渋野日向子選手ですが、河本選手が加わると日本代表が「黄金世代3人」ということになります。

まさに黄金世代!ですね。

JGA(日本ゴルフ協会)の河本選手のプロフィールにいは、目標とする人の欄に「イチロー」とあります。他の選手はプロゴルファーの名前が書かれているんですけどね。早くから世界を意識していたことがうかがえます。

頑張れ!YUI KAWAMOTO。