渋野日向子選手 勝負の開幕2戦目。否定的意見を一掃できるか

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント ロゴ 女子

女子ゴルフ開幕2戦目として、NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの無観客での開催が決定しました。日程は8月14日~16日、会場は軽井沢72ゴルフ 北コースです。

注目は、開幕戦のアース・モンダミンカップではグリーン上で2打ペナルティーを受けたことも影響して、1打足りず予選落ちとなった渋野日向子選手。多くのゴルフファンが期待していたシブコスマイルは見ることができませんでしたが、この2戦目こそは、渋野らしさ全開のプレーと笑顔をゴルフファンに届けて欲しいと思います。

追記:渋野選手はNEC軽井沢72ゴルフトーナメントには出場しません。全英女子オープンなど英国での大会に出場します。

気になるのが、肉体改造やスイング改造の行方です。米女子ツアーでトップ選手を担当してきた斎藤大介トレーナーが昨季終盤からフィジカルを担当。そして、2017年から青木翔コーチがテクニカルを担当しています。

青木翔著 打ち方は教えない。

渋野日向子のコーチ 青木翔著「打ち方は教えない。」は選手との接し方を説いた本

昨季終了から今季開幕まで、フィジカルとテクニカル両面で改造にトライしましたが、開幕戦で結果が出なかったことで今回の改造に対して否定的意見が聞かれました。

ゴルフは変えなくていいところまで変えてしまうと、スコアがつくれなくなってしまう怖さがある。余計なことはやらない方が良い。

出典:オフの練習が逆効果?渋野日向子開幕予選落ちの後遺症(日刊ゲンダイ)

たくさんのチェンジは、渋野にとってどうしても必要だったのか。型にはまろうとしてはいないか?

出典:小林浩美、宮里藍らの長所を全て持つ、渋野日向子の本当の課題とは?(NumberWeb)

昨季賞金女王の鈴木愛選手も昨季開幕戦では予選落ちしています。しかし、2戦目に優勝しています。渋野選手には昨季の鈴木選手のように、開幕戦が嘘のような、スイング改造に対する否定的意見を一掃する活躍を開幕2戦目では期待したいところです。

オリンピックのシンボルマーク

2戦目以降問われる 渋野日向子選手のスイング改造の是非