バンカーショットの4つのポイント

グリーンサイドバンカーからのバンカーショット アプローチ

グリーンサイドバンカーからのショット。プロにとっては簡単な部類に入るカテゴリーとされていますが、得意にしているアマチュアゴルファーは少ないのではないでしょうか。そこで今回は、難なく脱出するための押さえておきたい4つのポイントを紹介します。

  1. クラブヘッドの砂への入口だけでなく出口も意識する
  2. バウンス角の大きいウェッジを使用する
  3. 基準はスクエアスタンスでクラブフェースの向きはスクエアにアドレス
  4. 飛距離は芝の上からのショットの3分の1

4つのポイント

クラブヘッドの砂の入口だけでなく出口も意識する

グリーンサイドバンカーからのショットではボールの手前の砂を打ちます。ただ、そこだけに集中し過ぎてもいけません。クラブヘッドが砂の中に入るポイント(砂への入口)だけでなく、クラブヘッドが砂から出てくるポイント(出口)も意識する必要があります。入口から出口までの長さの基準は15センチほどになります。

ゴルフ場のバンカー

バンカーショットは打ち込み過ぎに注意が必要

ゴルフ場のバンカー

バンカーショットはアプローチ!打ち方は特別なものではない!

バウンス角の大きいウェッジを使用する

アマチュアゴルファーの多くはバウンス角の大きいウェッジを使用した方が良いです。バウンス角が大きい方が、砂を爆発させやすく、かつクラブヘッドが砂にもぐりすぎないからです。芝から使うことを考えても、バウンス角が大きい方がメリットが多いです。

バウンス角が小さいウェッジはライを問わず様々なテクニックを駆使したいゴルファー向けです。

ゴルフ ウェッジ選びで気をつけること ロフト角 シャフト バウンス角

ゴルフを楽しむ!上達する!ウェッジ選びで重要な3つの項目

基準はスクエアスタンスでクラブフェースの向きはスクエアにアドレス

「バンカーはオープンスタンスでフェースを開いて構える」といきなりここから入ることがありますが、まずはスクエアスタンスとスクエアフェースで練習してみましょう。基本的にはこのセットアップでもバンカーを脱出することができます。砂の硬さやあごの高さに応じてフェースやスタンスの開き具合を調整します。

飛距離は芝の上からのショットの三分の一

バンカーショットの距離の目安は、芝の上からのショットの三分の一です。例えば15ヤードのバンカーショットであれば40ヤードほどのアプローチショットの大きさや強さになります。

まずはバンカー練習場で練習

バンカー練習場がある練習場(打ちっぱなし)やゴルフ場はあります。こういう施設を活用しましょう。練習というと多くのゴルファーはドライバーを手にしますが、バンカー練習ができる場所では、ドライバーの練習時間を削ってでもバンカー練習をすることをおすすめします。

下記ページで今回挙げたバンカーショットの4つのポイントについてまとめられていますのでご覧ください。

脱出する。寄せる。バンカーショットの4つのポイント(SPAIA)

Let’s Enjoy Golf!