インパクト時の正しいフェースローテーションを分解して解説

プロゴルファー 大きなフォロースルー インパクト

インパクト時「フェースローテーションは必要」とは言っても、インパクト時、やみくもにフェースを返して良いわけではありません。インパクト時の正しいフェースローテーションについて細かく解説したいと思います。

『左前腕の回外』『左手の掌屈』『右前腕の回内』『右手の背屈』インパクトゾーンでこの4つの動作が融合すると、質の高いフェースローテーションになります。

ゴルフ ゴルファー

リストはターンしない!?フェースローテーションはどこでする?

ゴルフ フェースターン、フェースローテーション

フェースローテーションを抑えていいのは正しいフェースターンをマスターしてから

なぜこれらの動作が必要か

まずは、なぜ『左腕前腕の回外』『左手の掌屈』『右前腕の回内』『右手の背屈』がなぜ必要か、という点についてです。

出力増

ゴルフは地面上あるボールを打ちます(1打目はティアップしますが)。

地面上にあるボールに対して、出力を上げる為に必要な動作だからです。下に向かって力を出すために必要な動作だからです。

クラブの特性を踏まえて

ダウンスイングではゴルフクラブは、フェースが開く方に力が働きます。

その開く力に対抗する力がないと、フェースが開いたままインパクトしてしまいます

フェースが開く力に対抗する力として必要なのがこの4つの動作です。

左腕

左前腕の回外

前腕の回内、回外

冒頭のリンクにもあるように、手首は回りません。

橈骨と尺骨が入れ替わるようにして前腕は回ります。

インパクト時の左前腕は、橈骨が尺骨を超えてクロスしていたものが、橈骨と尺骨それぞれが平行位になる動作、回外が必要になります。

左手の掌屈

手の背屈、掌屈

出典:https://www.tedikara.com/

左手はインパクト時、左手の甲が下を向くような、掌屈の状態である必要があります。

違うワードを使うとすると『左手の甲を丸める』となります。(厳密にいうと甲は丸まりませんが…)

いわゆる『ハンドファースト』です。

右腕

右前腕の回内

インパクト時の右前腕は、左前腕とは逆の動作になります。

橈骨と尺骨それぞれが平行位の状態から、橈骨が尺骨を超えてクロスする動作回内が必要になります。

右前腕の背屈

右手はインパクト時、右手の手の平が下を向くような、背屈の状態である必要があります。

「手首の角度キープ」では不完全

ダウンスイング中、左手掌屈の角度、右手背屈の角度、は、「トップオブスイング時の角度をキープしたままダウンスイング」という意識が持たれがちですが、それでは不完全です。

この意識では、それぞれの角度はクラブヘッドの重みに負けたり、「ヘッドをボールに当てる」意識が勝ったりして、左手掌屈、右手背屈の角度がほどけてしまう可能性が高くなります。

ダウンスイング中に、それぞれの角度が徐々に深くなるイメージを持ちましょう。

前腕の動きを正しく理解して、最大限力を出し、インパクト時のフェースの向きを安定させられるようにしていきましょう!

Let’s Enjoy Golf!