初心者ゴルファー必読!グリップの基本

ゴルフグリップ グリップ

ゴルフではグリップ(握り方)はとても重要です。ゴルフの基本グリップはやや複雑なこともあり、「グリップはなんでもよい」という意見もありますが、それは、まず基準となる基本を知った上でのことなので、基本グリップを知りましょう。

グリップの種類 その①

オーバーラッピンググリップ

右手の小指を左手の指に重ねます。最も多く用いられているグリップです。

ゴルフ オーバーラッピンググリップ

インターロッキンググリップ

右手小指を左手人差し指にからませるグリップです。

ゴルフ インターロッキンググリップ

テンフィンガーグリップ

ナチュラルグリップとも言われています。左人差し指と右小指を密着させ、10本の指全部で握るグリップです。

ゴルフ テンフィンガーグリップ

グリップの種類 その②

フィンガーグリップ

基本になるグリップで、主に指の第1関節と第2関節でクラブを引っかけるようにして握るグリップがフィンガーグリップです。

指で握る事で、安定性、前腕の可動域が確保されます。

ゴルフ フィンガーグリップ

パームグリップ

手の平全体でクラブを包み込むようにして握るグリップがパームグリップです。初心者など、どうしても腕が力んでしまうゴルファーはパームグリップになりやすいです。

フィンガーグリップが基本グリップになりますが、パームグリップが合うゴルファーもいます。パームグリップで握る場合は、パームが合っているかどうかの正しい判断が必要です。

パームグリップの場合でも、適度に指で握る必要があります。

ゴルフ パームグリップ

どのグリップにも共通するポイント

左手

左手は2ナックル

人差し指付け根のナックル(コブ)と、中指のナックルの2つのナックルが上から見える状態が『スクエア』です。

ゴルフ 左手グリップ

親指の位置はグリップセンターより右側

親指をグリップ部分の真上にセットしがちですが、正しくはグリップセンターより右側にセットします。

ゴルフ 左手グリップ

ポイントになる指は小指、薬指、中指

左手は、小指、薬指、中指をポイントにしてグリップします。親指に力が入りやすいですが、親指の力は抜きましょう。

ゴルフグリップ

Y字形を細長くする

人差し指と親指で作る『Y字形』を細長く作ることで、よりクラブと手の一体感を出せるフィンガーグリップにしやすくなります。パームグリップの場合は、Y字形を細長く作りにくくなりますが、できるだけ細長く作りましょう。

ゴルフ 左手グリップ

右手

右手のY字形は首の右側と右肩の間を差す

右手のY字形はアゴよりも右を差すようにします。首の右側と右肩の間を差すようにすることが『スクエア』です。

ゴルフグリップ

親指の位置はグリップセンターより左側

親指をグリップ部分の真上にセットしがちですが、正しくはグリップセンターより左側にセットします。

ゴルフグリップ

右手の平が左手親指と合わさる

右手の平で左手親指を包み隠すようにします。しかし、包み隠そうとし過ぎて、Y字形が左片方向を差さないよう注意が必要です。

ゴルフグリップ

ポイントになる指は中指、薬指

右手は、薬指、中指をポイントにしてグリップします。親指や人差し指に力が入りやすいですが、それらの指の力は抜きましょう。

まずはボールを打つよりグリップする練習をしよう

一律に”正しいグリップはこれ”と述べることはできませんが、基準を知った上で、グリップの練習をすることは大切です。

『ゴルフの練習』といえば、『ボールを打つ』ことを連想すると思いますが、特に初心者は『クラブを持ってグリップする』練習を反復すると良いでしょう。

初心者はグリップする反復練習をしよう。中上級者もだけど……

「グリップしてほどく、グリップしてほどく」を繰り返すことで、最初は時間がかかっても、次第にすぐにグリップを決めることができてきます。

初心者は、スムーズにグリップができるようになってから、ボールを打つ練習を開始するぐらいでちょうど良いです。グリップするだけなら、自宅で練習できるので、ゴルフ練習場で練習することと比べると、時間的にも経済的にもお得です。なにより、”上達”へ向けて効率的になります。

 

Let’s Enjoy Golf!