ゴルフウェアは何を揃えれば良い?季節ごとのウェアコーディネートについて

ゴルフ女子 初心者

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

季節によって、必要なウェアは異なります。春夏秋冬、それぞれの季節で「ゴルフウェアはどういうものを用意すれば良いかわからない」「コースでの服装に決まりとかはある?」というゴルフ初心者さんは多いのではないでしょうか。

そこで、今回は季節ごとのウェアコーディネートについてまとめてみたいと思います。

クラブハウス

コースだけでなく、クラブハウスでもウェアにはついて注意する必要があります。ここでも、ジーンズやサンダル履きなどはNGです。また、スニーカーも極力避けた方が良いでしょう。ドレスコードでは「スニーカーNG」としているゴルフ場もあります。

夏季以外ではジャケット着用をドレスコードとしているゴルフ場もあります。主に「名門」と言われているメンバーシップコースでは、クラブハウスでのジャケット着用はマストです。

ゴルフの予定が入ったら、ゴルフ場のホームページでドレスコードを確認しておきましょう。

ラウンド中のウェア

夏のコーディネート

ポロシャツ

夏のゴルフで快適にコースラウンドするには、機能素材アイテムが良いでしょう。ゴルフウェアは吸汗速乾・UVカット・涼感・遮熱等の多機能素材が豊富です。

キャップ・バイザー

夏の暑い日差しから顔を守るだけでなく、危険防止のためにもかぶりましょう。真夏になると、サンバイザーでは頭頂部が守れないので、キャップの方が適しているでしょう。

パンツ(ハーフパンツ)

ストレッチ性があって動きやすいものが良いです。ゴルフ用パンツには、動きを妨げない立体裁断タイプや通気性の良いものがあります。

ゴルフ場によっては、ハーフパンツの場合はハイソックス、というドレスコードを設けている場合があるので、このあたりの確認もホームページにあるドレスコードで確認をするように心がけましょう。

スカート

女性ゴルファーにはスカートスタイルが人気です。靴下はショート・ニーハイ等、好きな長さを合わせられます。

レギンス

スカート派の方は、下にレギンスを合わせるのがトレンドです。夏は吸汗速乾&UVカット素材でお肌を守ります。

夏のゴルフ場

暑さに負けず夏ゴルフを楽しむ 暑さ対策グッズおすすめ5つ

冬のコーディネート

キャップ・バイザー

ニット帽や耳あてがあると良いでしょう。ツバの付いたニット帽がありますが、キャップやバイザーの上から普通のニット帽をかぶるスタイルでもOKです。

機能性長袖インナー

いちばん下に薄くて暖かい機能性インナーを着ることで、何枚も重ね着する必要がなく、着ぶくれせずに動きやすくなる期待が持てます。

長袖ポロシャツ・長袖タートルネック

保温性があり、ストレッチ性があるものが良いでしょう。発熱素材や防風素材を使用したアイテムもあります。

アウター

スタート前や待ち時間には、体を冷やさないように着用しましょう。ダウンや中綿タイプは軽くて暖かいです。発熱・保温素材で薄手のアウターやストレッチ性のあるものなら、着たままプレーもできます。

インナーパンツ

冬用パンツを持っていない人はマストアイテムですし、持っている方も使った方が良いでしょう。ストレッチ性があり、フィット感があるものが良いです。発熱性・裏起毛タイプがよい暖かいです。

パンツ・スカート

防風&中綿入りが、より寒さから身を守り、暖かいです。冬は風を通さないだけでも、暖かさが違います。

レギンス

女性のスカート派の方は、発熱素材や裏起毛タイプのレギンスとレッグウォーマーをセットで着用すると良いでしょう。

冬のゴルフ場

厚着注意!冬のコースラウンドでの体の温め方

春と秋は臨機応変に調整

春と秋は、以上の夏と冬のスタイルを参考に臨機応変に対応しましょう。夏よりの春秋であれば、半袖ポロシャツにベスト、といった感じの服装がベターな場合があるでしょう。冬よりの春秋であれば、長袖インナーなど一枚減らす服装がベターな場合があるでしょう。

「ゴルフってゴルフ場でしかできないようなファッションを楽しめるから良い!」というゴルファーの声は多くあります。機能性、ファッション性、両方を兼ね備えたスタイルでゴルフを楽しみましょう。

本記事は「はじめてのゴルフマニュアル【コースデビュー編】」の「ウェアと身だしなみ」「季節ごとのコーディネート」のページの内容を掘り下げ、独自の内容を加えて解説しております。

はじめてのゴルフマニュアル

無料でもらえる!はじめてのゴルフマニュアル 【コースデビュー編】