【ゴルフ初心者】はじめてゴルフクラブを買う人におすすめのクラブの選び方

スタンドキャディバックに入ったゴルフクラブのセット2つ 初心者

ゴルフを始める人が増えているようですが、ゴルフを始める時にまず気になるのがゴルフクラブの存在。クラブは親や職場の上司などからお下がりをもらえる人もいますが、多くの人は自分で買うことになります。では、どういうクラブを選べばよいのでしょうか。とりあえずゴルフを始めるにあたり本格的なものは必要ないとはいえ、決して安くはない買い物になります。悔いのない買いのにしたいですよね。そこで、これからゴルフを始める人におすすめのゴルフクラブの選び方を2つ紹介します。

  1. パッケージセット
  2. 最小限の本数

この2つです。コースラウンドでは最大14本のクラブでプレーが可能です。ツアー選手や上級者は、14本セッティングしているものですが、ゴルフ初心者はそこまで多くの本数をそろえる必要はありません。

①パッケージセット

ドライバーからパターまで、7本から10本のゴルフクラブにキャディバッグ。「これがあればコースラウンドできますよ」というコンセプトで企画販売されているものです。クラブの性能的にも易しさをウリにしたものが多く。ゴルフ初心者には扱いやすいでしょう。価格は6万円から9万円ほどのものが多いようです。

②ドライバー、アイアン1本、サンドウェッジ、パターの計4本

パッケージセットよりも少ない本数のセッティングでもコースラウンドは可能です。ドライバー、アイアン1本(5番から8番ぐらい)、ウェッジ、パターの計4本。初心者のうちはクラブの性能差を結果で表すことは難しく「何で打っても飛距離が同じ」となりやすいものです。また、長さや重さが異なるクラブを色々使おうとすると、構えた時のボールとの距離やリズム、テンポが定まりにくいです。

少ない本数でプレーすることで、同じ長さや重さのクラブで打つ回数が増えます。よって、ボールとの距離やリズムやテンポが定まりやすいです。さらに、クラブを変える作業も少なくて済むのでプレーに余裕が生まれやすいです。

PING(ピン)G425ドライバー 顔⇑ドライバー

TOUR-B(ツアービー)アイアン2020 202CBPカオ⇑アイアン

サンドウェッジ⇑ウェッジ

ホワイトホットOG#5のカオ⇑パター

中古ショップなどでは「ゴルフ初心者にはクラブを1本無料でプレゼント」といった特別企画を継続的に実施していたりするので、そういったものを活用し、必要なクラブを1本ずつ追加で購入すると良いでしょう。

ゴルフ乗用カート

これからゴルフを始める初心者のゴルフクラブ選び

まとめ

クラブ選びは慎重に行った方が良いです。「なんでも一緒」と安易に考えがちですが、後々「こうしとけば良かった」となってしまうこともあります。そうならないために、最初から最善を尽くしましょう。下記記事で今回の内容についてまとめられていますのでご覧ください。

これからゴルフを始める人におすすめのゴルフクラブの選び方【ゴルフハウツー】(SPAIA)

ゴルフ初心者関連の記事はこちら