ヘッドスピードより重要な飛距離三大要素

ゴルフ ダウンスイング 飛距離アップ

飛距離三大要素

ゴルファーであれば飛距離アップは誰もが望むものですよね。では、飛距離アップのためには何が必要でしょうか。「ヘッドスピードの向上」が挙がると思いますが、多くのゴルファーにとってはヘッドスピードよりも目を向けるべきことがあります。

「ボール初速」「打ち出し角」「スピン量」。この「飛距離三大要素」について理解を深めることができると、目を向けるべきことを見つけやすくなります。

効率よくボールに力を伝える

飛距離三大要素を適正範囲内にするということは、インパクト時の物理的なものとフィジカル的なものを合わせた総合的な力の伝達効率を上げるということをになります。下記の記事は、飛距離三大要素についての記事です。ご覧ください。

【ゴルフ】ヘッドスピードは二の次 飛距離三大要素を知り、飛距離アップに必要なものを探る(Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム)
目次
  • 飛距離アップのために必要なもの
  • 飛距離三大要素

 ・ボール初速
 ・打ち出し角
 ・スピン量

  • ゴルフ施設で弾道測定

飛距離アップのために必要なもの
「ボール初速」「打ち出し角」「スピン量」。三つのボールデータ、飛距離三大要素をより高いレベルで融合させることが飛距離アップにつながる。そのためには、クラブデータ「打点」「インパクトロフト」「入射角」などをより良くする必要がある。

ゴルフ インパクト

飛距離アップのために知っておきたい 飛距離3大要素

飛距離アップ関連記事はこちら