飛距離アップを目指す!ドライバーショットの打ち出し角を適正にするためのポイント

ゴルフ トップオブスイング インパクト

「ドライバーショットで飛距離を伸ばしたい」と願っているゴルファーは多いと思います。ドライバーショットで飛距離を伸ばすためには飛距離三大要素の内の1つ『打ち出し角』に関する理解が必要です。

ゴルフスイング

知らないで飛距離アップしてもそれはきっと幻!飛距離3大要素

ゴルフスイング インパクトゾーン

飛距離アップを目指す!ドライバーショットのバックスピン量を減らすために必要なこと

ドライバーショットでは打ち出し角が理想値に近づくほど飛距離が伸びます。打ち出し角の理想値は、ヘッドスピードなどによって様々です。

ドライバーショットに限らずアイアンショットでも、球が高く上がった方が飛ぶし見栄えが良い、という印象を持たれがちですが、上がれば上がるほど良い、というわけではありません。

理想的な打ち出し角のドライバーショットで飛距離アップを実現させましょう!

ドライバーショットの打ち出し角

理想的な打ち出し角

打ち出し角

インパクト直後のボールが打ち出される角度のことを打ち出し角と言います。

ゴルフ 打ち出し角

ドライバーショットの打ち出し角の理想値

ヘッドスピードによって異なります。

ヘッドスピード40m/s(一般男性平均)であれば13°~15°、32m/s(一般女性平均)であれば15°~17°です。

理想値よりも高いと、キャリー距離は十分に出たとしてもランが出にくくなります。

理想値よりも低いと、ランで飛距離を稼ぐことができるものの、キャリー距離のロスが出ます。

アマチュアゴルファーの傾向

アマチュアゴルファーは、アイアンショットでは打ち出し角が高くなる傾向ですが、ドライバーショットでは、打ち出し角が理想的な人、低い人、高い人、様々です。どちらかといえば、低い人の方が多いでしょうか。

打ち出し角が高くなる理由

ロフト角が大きくなってインパクト

インパクト時のロフト角(ダイナミックロフト)が大きくなるほど、打ち出し角が高くなります。ハンドレイトインパクトや、フェースが開いたインパクトになると、インパクト時のロフト角が大きくなります。

ゴルフ インパクト ダイナミックロフト

インパクト時の打点がフェースの上部

フェースの上部でインパクトしても、打ち出し角が高くなります。最上部でインパクトすると、極端に高い打ち出し角になります。極端に高い打ち出し角のショットのことを『テンプラ(「上がる」と「揚がる」がかかっています)』と言います。

ゴルフ ドライバー最上部が打点

アッパーブロー過ぎる?

アッパーブロー過ぎて、打ち出し角が高くなりすぎることはまずありません。ティアップの高さにもよりますが、アッパーの度合いは5°程度が限度です。

打ち出し角が低くなる理由

ロフト角が小さくなってインパクト

打点がフェースセンターに近いところでも、ロフト角が小さくなった状態だと、打ち出し角が低くなります。

ゴルフ 低い打ち出し角

インパクト時の打点がヒール寄り、フェース下部

打点がヒールやフェース下部寄りになっても、打ち出し角が低くなります。

ゴルフ ドライバーのヒールが打点

ダウンブローインパクト

過剰なダウンブローインパクトになると、打ち出し角が低くなります。

打ち出し角を理想値にするためのポイント

上記3つをクリアできると、打ち出し角は理想値に近づきます。

ヘッドスピードよりも『打ち出し角』に着目する

『飛距離アップ』を目指すとなると、目指せ『ヘッドスピードアップ』となりやすいですが、まずは『より速いヘッドスピード』より『より理想値に近い打ち出し角』を追い求めた方が、飛距離アップにつながりやすいです。

理想的な打ち出し角を獲得してから、さらなる飛距離アップを目指す場合、『より速いヘッドスピード』目指すことを視野に入れると良いと思います。

スコアメークするためにはショートゲームが大切ですが、「多少曲がっても飛距離を稼いだ方がスコア向上に繋がる」(ゴルフレベルによって変わる)という統計データもあります。

理想的な打ち出し角を獲得して、飛距離アップの喜びを体感しましょう。

 

Let’s Enjoy Golf!