今一度要確認 グリップのチェックポイント

ゴルフ グリップ グリップ

多くのゴルファーはグリップを軽んじているようです。理想的なスイングをするためにグリップはとても重要です。そして、グリップは一度覚えても崩れやすいため、随時チェックが必要です。また、単に形だけではなく圧の確認も必要です。調子が悪いと圧が強まってきやすいですからね。今一度、グリップのチェックをしましょう。そのポイントについて解説していきます。

どの指をメインにするべきか

10本の指の中でどの指をメインにして握るべきでしょうか。左手は小指と薬指、右手は小指と薬指と中指をメインにすることが基準になります。多くのゴルファーは左右とも人差し指と親指に力が入りすぎてしまっているようです。

ゴルフ グリップ

正しいグリップの為には、どの指をメインにグリップすると良いか

適正なグリップ圧とは

グリップは「握る」というよりも「持つ」というワードが適しています。傘を持つ程度の力感です。多くのゴルファーはグリップ圧が強すぎます。強く握ることでクラブの動きを安定させようとしています。

圧を弱めると、クラブの動きが不安定になりそうな感じがするかもしれませんが、手の中で少しグリップ(クラブ)が遊ぶ感じは必要なものです。クラブの重みを効率よく使って物理的な力をボールに伝えるためには、グリップ圧を抑えるようにしましょう。

また、ミスヒットした時にグリップがずれる感じがする場合があるかもしれませんが、基本的にはグリップ圧が弱すぎてずれることはありません。ミスヒットしたことで衝撃を吸収しきれずにグリップがずれたのであって、ずれたからミスヒットしたわけではないと考えてよいでしょう。

ゴルフ テークバック トップオブスイング

グリップ圧が強くなってしまう理由

ロングサムではなくショートサム

左手親指を縮めて短く握ることをショートサムと言います。左手親指を伸ばして握ることをロングサムと言います。基準はショートサムです。ショートサムにすることで、メインにすべき指でクラブを支えやすく、適正なグリップ圧にしやすくなります。

ゴルフ グリップ

基本グリップはロングサムではなくショートサム

グリップの大切さを説く専門家たち

ティーチングプロだけでなくツアープロもグリップの大切さを説く人は多いです。レッスンの神様、ハーヴィー・ペニック氏は「悪いグリップから良いスイングは生まれない」と書籍の中で述べていますし、片山晋呉選手は「アマチュアはグリップの練習量が少ない」と言っています。

グリップの確認をしてみて下さい。そして、継続的にグリップの確認をしてください。それが、スイングやショットを安定させる土台になります。

意外に奥が深い グリップのチェックポイント【ゴルフハウツー】(SPAIA)

ゴルフ グリップ

結局のところ基準となるスクエアグリップってどういう形?

ゴルフグリップ

初心者ゴルファー必読!グリップの基本