結局のところ基準となるスクエアグリップってどういう形?

ゴルフ グリップ グリップ

グリップ1つとっても様々な情報が飛び交っています。「構えた時、上から左手のナックル(第1関節)がどの程度見えるべきか」「親指の位置は?」などが、色々言われています。

「結局のところ、何がスクエアなの?」と疑問に感じている人は多いのではないでしょうか。ということで、今回はグリップについて述べてみたいと思います。

グリップの種類は3種類

アイアンやウッド系のクラブの握り方は3種類あります。『オーバーラッピンググリップ』『インターロッキンググリップ』『テンフィンガーグリップ』です。

 

オーバーラッピンググリップ

右手の小指を左手の指の上に乗せるグリップです。ひと昔前までは主流で、プロゴルファーでもダントツでこのオーバーラッピンググリップ採用者が多くいました。

ゴルフのグリップ

出典:PGA基本ゴルフ教本

 

インターロッキンググリップ

右手の小指と左手の人差し指を絡めるグリップです。タイガーウッズがこのグリップを採用しており、タイガーが登場したあたりから、プロゴルファーでもこのグリップを採用する選手が多くなってきました。

ゴルフのグリップ

出典:PGA基本ゴルフ教本

 

テンフィンガーグリップ

10本の指全部で握るグリップです。『ナチュラルグリップ』や『ベースボールグリップ』とも言われています。

ゴルフのグリップ

出典:PGA基本ゴルフ教本

これらは、何が正しくて何が間違っている、というものではありません。どれでもいい、です。ただ、人によってしっくりくるものとそうでないものがあるので、どれを採用するかは試したりしながら、しっかり考える必要があります。

1昔前はオーバーラッピンググリップが主流で、タイガーウッズが登場したあたりからインターロッキンググリップ採用者が増えだした、という流れを見ても、その時1番強いプロゴルファーが主流になるという傾向があります。
筆者もタイガーの影響を受けてインターロッキンググリップにしてから、今もなおインターロッキンググリップです……

グリップの形に関してPGAが発行している『基本ゴルフ教本』を基準にする

グリップに関する様々なチェックポイントに関しては、PGA(日本プロゴルフ協会)の基本ゴルフ教本にあるものを参考にすると良いと思います。すべてPGAが絶対、という訳ではありませんが、グリップに関してとてもこだわっていて、あらゆる検証を重ねた結果、示されている形ですので、基本ゴルフ教本で示されているものが“現状、最もスクエアなグリップ”という認識で良いです。

PGA基本ゴルフ教本

左手と右手のY字形の延長線

人差し指と親指の間にできる線のことを『Y字形』と言います。このY字形の延長線の向きが、グリップをセットする上で重要なチェックポイントになります。基本ゴルフ教本には、このY字形に関して、次の通り書かれています。

・左手のY字形の延長線は首筋の右側から右肩の間を指すようにする

・右手のY字形の延長線は首筋の右側を指すようにする

是非チェックしてみて下さい
ゴルフのグリップ

出典:PGA基本ゴルフ教本

ゴルフのグリップ

出典:PGA基本ゴルフ教本

ゴルフのグリップ

出典:PGA基本ゴルフ教本

左手は2ナックル見える

人差し指の第1関節の事を”ナックル”と言います。アドレスした時、構えた人(上)から見て、左手の人差し指のナックルと、中指のナックルの、2つのナックルが見える形が基準となります。教本には『2つ~3つ』とあるので、3つ見えても良いです。

左手親指、右手親指の位置

特に初心者は、両手とも、親指をグリップの真上にまっすぐセットしがちです。しかし、両手とも、親指はグリップの真上ではありません。
左手親指はグリップセンターより右、右手親指はグリップセンターより左にセットするのが基準になります。

 

このように、グリップだけでもチェックポイントはたくさんあります。なんとなく握っている人が多いと思います。今一度、グリップのチェックをしてみて下さい。

上記のようなグリップが絶対ではありません。今のグリップが基準的なものと比べてどうなっているのか、を、知ることがスイングと結果の因果関係を明確にする上で重要です。

「スクエアが良い」と言う人は上記のグリップの形を意識してみて下さい。

以上、『結局のところ、基準となるスクエアグリップってどういう形?』でした。