大切なのは形だけじゃない!クラブと手の一体感が増すグリップの握り方の手順

ゴルフ グリップ グリップ

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

グリップを軽視しているゴルファーは多いようです。グリップに関しての知識がなく、なんとなく握っている人、ゴルフを始めた頃は入念にグリップをチェックしていたけれど、次第に放置してしまっている人、様々です。

グリップはとても重要です。良いグリップをすることで全身とクラブが連動したしなやかなスイングになりやすくなります。逆に言うと、悪いグリップでは良いスイングは難しくなります。

ゴルフ理論は進化(変化?)します。最近ではシャローイング、その前ではパッシブトルク、さらにその前にはスタックアンドチルト、など新しいワードがゴルフ界に入ってきます。どの理論も学ぶべきもので、ゴルファーの上達に役立つものですが、それは良いグリップが前提となります。

良いグリップとはどうのようなものか。グリップの握り方の基準について解説していきます。

グリップする手順

右手でクラブをセットする

まず右手でクラブを持ち、クラブヘッドのソールを地面につけます。左手が握る部分を空けて、右手で持ちます。この時にフェースの向きやグリップの位置を決めます。基準はフェースの向きが目標に対して直角。グリップの位置は左脚内もも前です。

グリップの握り方
左手がくる部分を空けて持つ

左手を決める

右手でクラブを支えながら左手のグリップを決めていきます。左手の小指と薬指を先にひっかけ、そこに圧をかけながら左手の平をまきつけるようにしてグリップします。

この時、左手の小指と薬指をグリップに引っ掛ける位置次第で左手の形が変わります。思うような左手の形にならない場合は、リセットして、小指と薬指を引っ掛ける位置を調整しながら慎重に決めていきましょう。左手は人差し指と中指のこぶが見える(2ナックル)状態が基準になります。

グリップの握り方
左手は2ナックル(人差し指と中指のこぶ)
グリップの握り方
小指、薬指、手のひらの小指側、で支える

右手を決める

左手が決まったら、右手を決めていきます。右手の薬指と中指に圧をかけながら引っ掛けます。そして、手のひらのくぼむ部分(生命線あたり)を左手の親指に乗せるように当てます。右手の親指と人差し指は添える程度の力感で、グリップします。

右手の形の基準は、右手の人差し指と親指の間の線(Y字形)が首と右肩の間を指す状態です。

グリップの握り方
Y字形(人差し指と親指の間の線)は首と右肩の間を指す
グリップの握り方
薬指と中指をひっかける
グリップの握り方
手のひらのくぼみになるところを左手の親指に合わせる

指に引っ掛ける

基準となるグリップをすると、手のひらの中に隙間があるように感じる人がいるかもしれません。そうなる場合、おそらくそれは元々のグリップが、両手の平でわしづかんでいる状態だったと考えられます。

クラブを過剰に安定させようとしたり、クラブを強く振ろうとすると、わしづかむグリップになりやすくなるので注意が必要です。

そういった点では、グリップは“握る”というよりも“引っ掛ける”というワードが適していると言えます。

コースラウンドで慎重になり過ぎるのは考え物ですが、練習では今回解説したグリップの握り方の手順を参考にして、とことん時間をかけてより良い状態を探りましょう。最初は時間がかかっても、反復していくうちに時間をかけずにグリップを握れるようになってくるはずです。