右足かかととトップに注目 韓国人選手に共通するスイングの特徴

ゴルフ 韓国国旗 女子

今年の日本女子ツアー最終戦、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは原英莉花選手の優勝で幕を閉じました。今年は新型コロナウィルス感染拡大の影響で開幕が遅れ、外国人選手は日本への入国が遅れました。そんな中でも韓国の申・ジエ選手は2勝し、今季(2020年と2021年統合)こそは悲願の賞金女王載冠に向けて突き進んでいけそうな雰囲気があります。

昨季の賞金ランキングトップ5には申・ジエ選手(3位)、ペ・ソンウ選手(4位)、イ・ミニョン選手(5位)と、3名の韓国人選手が名を連ねています。過去10年を振り返ると7度、韓国人選手が賞金女王になっています。アン・ソンジュ選手が四度(2010年、2011年、2014年、2018年)、イ・ボミ選手が三度(2015年、2016年)、全美貞選手が一度(2012年)タイトルを獲得しています。

韓国人選手が強さを発揮しているのは日本ツアーだけではありません。米ツアーでも強さを見せつけています。11月19日から22日に開催されたペリカン女子選手権ではキム・セヨン選手が優勝。10月のKPMG全米女子プロゴルフ選手権でも優勝しており、出場した2試合連続優勝となりました。現時点でキム選手は世界ランキング2位。1位も韓国人のコ・ジンヨン選手。他にも上位には韓国人選手が多くおり、上位15人に7人も入っています。

韓国人選手のスイングはクセがなくオーソドックスな綺麗なスイングをします。そして、「右かかとの動き」「トップオブスイングでのクラブの位置と向き」に特徴が表れています。右足かかとはインパクト前後で浮き上がりが抑えられています。トップオブスイングではコンパクトで、クラブヘッドが頭側にきてシャフトが飛球線とクロスする「シャフトクロス」になりにくいようです。それらが他国の選手よりも見て取れます。下記記事で韓国人選手に共通するスイングの特徴についてまとめていますのでご覧ください。

日米で大きく存在感示す韓国人選手に共通するスイングの特徴(SPAIA)