ボールに当たるようになればそれでOK?上達するとはどういうことか!?

ゴルフ上達 スイング

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

「ゴルフが上達するってどういうこと?」と聞かれて皆さんはどう答えますか?スコアが良くなればそれが上達ですか?より上手くボールを打てればそれが上達ですか?

ゴルフの上達の定義

より正しい練習ができるようになる

これこそが上達の定義としてふさわしいと思います。

より正しい練習ができるようになれば、同時に上手くボールを打つ事ができているでしょう。ただ、正しい練習ができていなくても、とりあえず上手くボールを打つことってできてしまうんです。

でも、正しい練習をせずに、上手くボールを打つ事ができても長続きしません。いつか負のスパイラルに陥ります。正しい練習ができるようになることは、その都度その都度、適した練習を取り入れられるので、負のスパイラルには陥らないのです。

スコアだけでは上達の物差しにはならない

基本的に上達すると、良いスコアでプレーすることができます。これは間違いありません。しかし、それと同時に、その内容も見る必要があります。イメージ通りのスイングができたか、狙ったところにボールを打てたか、結果オーライはどの程度あったか、等、その内容を評価する項目はたくさんあります。

イメージ通りのスイングができなくても、狙ったところにボールを打てなくても、結果オーライが積み重なれば良いスコアでプレーできます。

また、コースラウンドの回数を重ねれば、コース慣れして、ボールを打つ時のプレッシャーが軽減され、グッドショットを打ちやすくなります。グッドショットを打ちやすくなるということは、その分スコアを出しやすくなります。

ただそれだけでは上達した、とは言いにくいのではないでしょうか。

グッドショットを打つためのポイントを把握し、それに関して理解深めていけているのなら上達になるとは思いますが、ただ単にスコアが良くなっているだけでは上達にはなりません。

なんとなくラウンドしてるだけでも、回数を重ねられるとスコアって良くなることもあるのです。

ラウンドの回数を重ねるだけで、スコアが良くなると、いつか迷路にはまります。迷路にはまらない為には「〇〇イメージだと△△なるから□□にする」などと、できるだけ早い段階から、ありとあらゆる整理をしておく必要があります。

より上手にボールに当てられるようになったからといって上達したとは限らない

ゴルフを難しくしている事の1つに『より良いショット=より良いスイング、とは限らない』という事が挙げられます。より良いスイングになって、ショットも良くなると良いのですが、より悪いスイングになった結果、より良いショットになることはよくあります。

例えば、右へのプッシュスライスを直したい、となった時に、ダウンスイングで右肩を前に突っ込ませると、プッシュがお収まったりします。

つまり、結果は良くなったけど、スイングの内容を見ると悪くなってる、ということになります。これは、上達とは言えないですよね……

「結果が良ければ、それは良いのではないか?」という意見も十分理解できます。しかし、そういうスイングは少しでもタイミングがズレると、大きなミスになります。一方、スイングがよりよくなればなるほど、タイミングが少しズレてもある程度狙った所にボールを運ぶことができます。

何をもって良いスイングなのか、は、これ!というものはありません。全体のバランス、それぞれの個性、など総合的なものになります。

『正しい練習ができるようになる』ということ

結果に翻弄されず、自分の身体と向き合ってゴルフに取り組み続ける事で、正しい練習ができるようになってきます。スマホなどでスイングを撮影しながら「今のは身体の〇〇が△△になった!」など、フィードバックを繰り返すことは、とても効果的です。

さらに、自身の筋肉にも問いかけながらスイングしてフィードバックを繰り返すことで、因果関係を見極める精度が増して、正しい練習ができるようになります。

確かな上達を獲得する

ナイスショットをした時のスイングを定着させようとするのではなく、必要な動きを定着させる為に、必要な動きを見極める事が重要なのです。

ナイスショットをした時の動きが、必要な動きとは限りません!

多くのゴルファーは、間違った練習を繰り返しています。”球打ちをエンジョイ”ならそのままで良いですが、上達したいのであれば、もっと正しい練習について考える必要があります。