フラットなスイングプレーンのメリットやデメリットとは

ゴルフ テークバック トップオブスイング スイング

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

アップライトとフラット

縦振り気味のスイング軌道のことを“アップライトなスイングプレーン”、横振り気味のスイング軌道のことを“フラットなスイングプレーン”と言います。それぞれを比較した場合、それぞれにメリットとデメリットがあり、基準とするべきはこっち、と示すことはできません。

クラブの慣性が生かされているか、フェースローテーションは適切か、腕とクラブの連動は適切か、などと合わせて見ていく必要があり、スイングプレーンだけを見て、そのスイングプレーンの良し悪しを判断することは難しいのです。

渋野日向子のニュースイング

海外メジャー2勝目が期待される渋野日向子選手が、8月4日から7日に開催された全英女子オープンで優勝争いを繰り広げました。結果1打差で優勝は逃しましたが、最近不調だったことを考えると、かなりポジティブな結果としてとらえて良いのではないでしょうか。

今回の大会では、現地メディアで渋野選手のスイングが大きく変わったことが注目されていたようです。コンパクトかつフラットなバックスイングになりました。渋野選手の新しいスイングについて、以下の記事でまとめられています。ご一読ください。

渋野日向子のニュースイングに学ぶ フラットなスイング軌道のメリットと注意点(SPAIA)
目次
  • 渋野日向子、全英女子オープンで優勝争い
  • フラットなスイングプレーンのメリット
  • フラットな軌道の注意点
  • 渋野のスイングは体の強さがあってこそ

渋野日向子、全英女子オープンで優勝争い
今季ルーキーとして米ツアーで戦っている渋野日向子が、8月4日から7日に開催された全英女子オープンで躍動した。3年前に同大会で優勝した時と同じ、アシュリー・ブハイと最終日最終組でプレー。3年前の再現とはならず、今回はブハイが優勝したが、今季序盤の好調から一転して最近は予選落ちが目立っていたことを考えると、今回の惜敗はポジティブにとらえられる。