始める人を増やして辞める人を減らす!ゴルフ人口を増やすために必要なこととは

ゴルフ女子 その他

キャロウェイ 公式オンラインストア

パットチェーンゲート バナー

増えてきているゴルフ人口

経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」によると、ゴルフ場利用者数も、ゴルフ練習場利用者数も増えてきています。ただ、これはコロナによるレジャー制限によって、比較的感染リスクが小さいゴルフに白羽の矢が立っている部分が大きく、コロナ終息後のゴルフ産業が活況の見通しかといえば、決してそうではないでしょう。

コロナ終息後、いったんゴルフ人口が減ることが予想されますが、そこから仕切り直して継続的にゴルフ人口を増やすためにはどのような取り組みが必要なのでしょうか。ゴルフ関連団体や、ゴルフ研究者が発表した調査結果をもとに考えてみたいと思います。

8都道府県の対象ゴルフ場からの報告によると、2021年のゴルフ場利用者数は1025万7560人で、2000年以降初めて1000万人を超えた。2020年は891万2524人で、コロナ前の2019年でも929万6106人なので大幅増。

8都道府県の対象ゴルフ練習場の利用者数は、2021年は2506万8816人で、2000年以降最多。2020年は2128万1859人で、2019年は1950万2580人だった。

ゴルフを始めない理由

「ゴルフに興味があり始めてみたい」そう思っているゴルフ未経験者は少なくありません。では、なぜ始めないのか。その理由はお金の問題です。ゴルフ用具やゴルフ場のプレー代がネックになっているのです。

CCCマーケティング株式会社による調査報告(「ゴルフに関するアンケート調査」気軽に楽しめるゴルフ場がアクティブな若者のゴルフデビュー後押しに!)では、ゴルフ未経験者がゴルフをしたことが無い理由について、お金の問題が大きいことを示しています。「ゴルフ用具が高いから」「ゴルフウェアや靴などのアパレルが高いから」「ゴルフ場でのプレーフィーが高いから」という項目に、80%前後の人が、「非常にあてはまる」もしくは「あてはまる」と回答したのです。

ゴルフの“ゴルフらしさの維持”のようなものも必要でしょうが、現代の若者の感覚に歩み寄った安価なサービスの普及が必要なのではないでしょうか。ゴルフ関連企業がゴルフ初心者に中古ゴルフクラブを1本プレゼントする活動をしていることや、ゴルフラウンドサブスクリプションサービスなどの認知度が向上するとゴルフに対するイメージが変わってきそうです。

ゴルフ乗用カート

これからゴルフを始める初心者のゴルフクラブ選び

TeeRexロゴ

ラウンドし放題 ゴルフのサブスク「TEE REX」でお得に上達する

ゴルフを辞める理由

男性400名を対象にした調査報告(北徹朗、森正明 ゴルファーの離反理由に関する研究-2020 東京五輪に向けたゴルフ市場活性化への提言)によると、ゴルファーがゴルフから離れる理由として、「プレー代が高い」「用具価格が高い」「所得が減った」などが挙げられています。ゴルフを辞めるのも、お金の問題が大きいということです。

多くの場合、受け身で始める

ゴルファーは、仕事上の必要性や友人や同僚からの誘いなど、自分から率先して、というよりも、受け身でゴルフを始める場合が多いようです。ゴルフ場予約サイトの楽天GORAが20~39歳の計500人に対して行った調査で、ゴルフを始めるきっかけとして多かった回答が「友人・同僚などのすすめ」「家族・恋人のすすめ」「仕事の都合上」でした。

受け身で始めるものは、何らかの壁ができた時に、身を引いてしまうことはあたり前の流れでしょう。もしゴルフが自分から率先して始めるものであれば、工夫しながら壁を乗り越えていくのではないでしょうか。

受動的ではなく能動的にゴルフを始めるための取り組みとして、学生時代のゴルフ体験に着目してはどうでしょうか。早い時期にゴルフを体験することで、本格的にゴルフを始めることを検討し始めた時に、前向きにスタートしやすくなる期待が持てます。

以下の記事では、そのような学生時代のゴルフ体験や、社会人になってからのゴルフライフへの影響についての研究結果を絡めながら、ゴルフ人口増加のための施策について書かれています。ご一読ください。

ゴルフ人口を増やすために検討するべき施策とは 安価なサービス普及と大学体育授業履修が鍵か(スポチュニティ)
目次
  • やっぱりゴルフはお金がかかる?~新規ゴルファー開拓には安価なサービスが必要~
  • ゴルファーがゴルフを辞める理由
  • ゴルフ授業で「受動的」から「能動的」へ

昨今の人々の余暇の活動の変化はゴルフ界でも見て取れる。比較的コロナ感染のリスクが小さいと言われているゴルフを、始める人や再開する人が増えた。8都道府県の対象ゴルフ場からの報告(経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」)によると、2021年のゴルフ場利用者数は1025万7560人で、2000年以降初めて1000万人を越えた。2020年は891万2524人で、コロナ前の2019年でも929万6106人なので、大幅に増えている。