アゴが高くても大丈夫! バンカーから球を高く上げて止める方法

ゴルフ バンカーショット アプローチ
パットチェーンゲート バナー

アゴが高くてピンが近い場合

バンカーショットにもいろいろな状況が考えられます。例えば、ピンがグリーン右端に切ってあり、グリーン右のアゴの高いバンカーにつかまった場合、球をフワリと高く上げてピタリと止める技が必要になります。

あまりアゴが高くなく、グリーンの入り口からピンまでの距離があり、グリーンを広く使える場合は、シンプルに攻めても寄せワンを狙うことができます。しかし、アゴが高くてピンが近い場合は、高難度の応用を効かせた技を使わなければピンに寄せることができません。

高く上げるためには

クラブフェースを開いて使うことで、球を高く上げることができます。フェースを開いて構えると、ヒールが浮くため、腰を落として手元が下がるようにして、ヒールの浮きを抑えます。

球が高く上がるということは球が飛ばなくなるということです。よって、振り幅を大きくスイングする必要があるためミスヒットになる確率が上がります。ハイリスクなショットなのです。アゴが高くてピンが近い場合のバンカーショットについて以下の記事でまとめられています。ご一読ください。

アゴが高くてピンが近い 難易度が高いバンカーからベタピンにつける方法【ゴルフハウツー】(SPAIA)
目次
  • ピン位置次第で難易度上がるグリーンサイドバンカー
  • 高く上げてスピンを効かせる
  • 西村優菜のウィニングショット
  • ハイリスクなショット

ピン位置次第で難易度上がるグリーンサイドバンカー
グリーンの端にピンが切られている場合、ピンを狙わずにグリーンセンターを狙うのがスコアメイクの上ではベターだろう。なぜなら左右どちらに方向がずれてもグリーンオンしやすく、次の1打が難しくなりにくいからだ。